今日もいいことありそう♪♪♪

電撃結婚した私の、異国(ココ)の地に根を張るぞ!第2章。
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPスポンサー広告 ≫ キロク・・・プロローグTOP第2子カイニン劇 ≫ キロク・・・プロローグ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

キロク・・・プロローグ

手術からほぼ1ヶ月が経った昨日
全く知らない人から電話がありました。

羊水検査の時のアドバイザーからの紹介とかで
心のケアが主なことらしく
本当は昨日、私はその人と会う予約があったとかで。


肝心の私に誰も何も言ってくれないもん、知らなかったょ。


前日の月曜日、実は予約確認の電話があったんです。
でも、ちょうど22週の検診と重なっていたため
その電話が入った時、
私はその電話を検診の確認と思ってキャンセルしたんです。

もう妊娠してないからね。


はじめ、変な勧誘か何かかと思って警戒したんですが
アドバイザーの名前を言われた瞬間から
電話の主に対し、即座に信頼出来ました。



今回のこの一連の動き。
アドバイザーとのカウンセリングから始まり、手術完了、そして
その後に至るまで、恐らく日本ではありえないほどの
至れり尽くせりだったのではないか、と思います。


実際、経験したのは自分だけれど、影のサポートというか
バックアップ体制がすごかった。


逆に言えば、それだけこのことをキッカケに
落ちてしまう人がいるのか。。。?



話を昨日の電話に戻すと、

「○○○(アドバイザーの名前)から聞いていたけど
 Chocoは、この件は消化しているような感じね」

と言われ、将来もし話したいことがあったら連絡してきて、と
後から名刺その他を郵送するから、と言って、
それでも20分くらい話して電話を切りました。



まさか自分が妊娠を途中で終わりにすることがあるなんて
妊娠中は夢にも思ったことはなく、
実際にその立場になった時、じゃあ、実際どんな流れなんだ?と
ネットを調べてみると、もう言葉で言い表せないほどの非難の嵐で、
読んでいて気持ちが悪くなるほどでした。


非難してる人は、何の権限があって、そこまで反対側の人(達)を
追い込み、追い詰めるんだろう?
人間扱いしてないし、その人(達)にも心がある、って忘れてる。
非難する人は、非難されることが過去にも、そしてこれからにも
起こらない完璧な人生なのでしょうか・・・



私がここに事実を残してもどうにもならないことかもしれない。
そう思うと、記録を残すことにためらいもあったし
その時のことを思い出すと、何だか頭が冴えて
眠れなくなったり・・


でも、自分の妊娠のピリオドを打つ作業として
やっぱり記録を書こうと思います。


最近、プリンちゃんのサイクルが朝型に移行しつつあり
(いゃ、これはテンポラリーなものだと信じたいけど。苦笑)
そのため、自分の時間がなかなか取れなかったり
来週はサンクスギビング(感謝祭)があるため
その準備やらそんなことで、途切れ途切れになるかもですが
ゆっくり書き進もうと思います。 

スポンサーサイト

Comment

編集
そうだねぇ…
身近にはこれまで経験者がいなかったから
想像だけでわからないけど、
中には自殺とか選ぶほどに落ちちゃう人もいるんじゃないかね…と思う。

それは後悔だったり、非難だったり、人との関わりが怖くなって…ウツになる人もいる気がする。

それぞれ悲しみ方は違うからね。
チョコチャンは今気持ちに向き合う事が出来てても
後々の事はわからないもんね。
何がきっかけになるか…。だからそういうケアに力を入れてくれてるって有り難いね。

キロク…
同じ経験者には痛みがわかり気持ちを少しでも癒せる記事になるかもしれないね。だからチョコチャンが書く事で苦しくならない範囲内でならOKだと思う。
ただ、たまたまここに辿り着いた妊婦さんがいたら…と思うと、正直妊婦さんには可哀相というか…不安を煽るかな…と。
チョコチャンのブログだからチョコチャンの気持ち優先でいいのだけど、ね。
2011年11月19日(Sat) 22:41
編集
私も、もし日本でだったらどのくらいサポート体制があるのか分からないから、なんとも言えないけど
CHOCOちゃんに対するサポートは
しっかりしてくれてたんだね。。。

私もいろんな人が見てると思うと
記事にする時一度考えてしまう・・・
自分のブログなんだから何書いたっていいじゃないって思う反面、反響も気になったり。

だからといって、当たり障り泣く記事を書いてても
何の為にやってるのか意味がない気がするし・・・
難しいね。。。
2011年11月19日(Sat) 23:44
*コメントありがとぉ*
編集
★ラブちゃん

そうなんだょね。
妊婦さんが読んだら、、、と私も考える。
だからどうなんだろうね、、、、(書くか書かないか)とも。

書いて、その後全部消去してしまおうか、とも。
でも、そうしたら後から万が一その立場になってしまった人がなー、、、、とも。

むつかしいあるょ。

日本でも、ちゃんと?名前がついてあるだょ、
この手術後に起こる感情のうねりの病気が。
生理前症候群とか、ウツとか、そうゆうのより
数が少ないから埋もれてるだけだと思う。
何か、日本では、こうゆうことを隠す傾向にあり
余計それが本人の心に罪悪感として残るっぽい。


★YUKIちゃん

私も経験するまで、こんなサポートがあるなんて
知らなかった。
最初は、面倒くさいな~、って思ってたけど
こうやって親身?に色々されると、しかも
カウンセラー達ってみんな優しいのよ(笑)
で、うん、うん、わかるょ、みたいな、
え?あなたも同じ経験した?みたいな錯覚に・・(^^;
やっぱプロだな~、それで飯食ってるんだな~、と
感心。
あ、違うか(笑)
2011年11月20日(Sun) 03:32












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。