今日もいいことありそう♪♪♪

電撃結婚した私の、異国(ココ)の地に根を張るぞ!第2章。
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ 包丁の賞味期限って?TOPダン捨離*ホームスィートホーム ≫ 包丁の賞味期限って?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

包丁の賞味期限って?

包丁って普通、どれくらいで新しいものに交換するんでしょうか?
というのも、先日。
骨付きの豚肉をソーダ君が買ってきまして
「いい肉見つけた!今日は、これでバーベキューだ~!」
と、そこまでは良かったのですが、
その肉を切った後の包丁を見てみると、
包丁の刃が欠けているではありませんかっ!!!

ソーダ君に言うと、ごめん、ごめん!と
珍しく謝り、「弁償するょ!」とまで。

でも、その包丁、もうかれこれ7年ちょいくらい使っていて
そろそろ新しいのにした方がいいのかなぁ?
包丁って、どれくらいで買い換えるものなんだろう??
と思いつつ、でも、いつもそこにあるものですから、
つ、、つい使い続けていた、という代物。

私としては、買い替えのチャーンス!!!
もう願ったり、叶ったりですゎ(笑)
しかも、ソーダ君がお支払いなんて、おまけ付き♪

包丁においては、次に買う時は何となくコレ、と
決めているブランドがありましたし。
包丁についても、ちょーっとだけ勉強してたりしてたし(笑)

で、それまではKitchenAid というブランド?のを
使っていたんですが、買い替えの時には是非、
あの、原始人のマークのやつがいい!と。

でも、安いのを狙ったとしても一本6000円くらいする。
そうしたら、もう少し出してもいいから
セットになってる方がお得な気がしてきて。↓↓↓


例えば、こんな。

私がアメリカに嫁に来た時、ソーダ君が
この手のセット包丁を使っていたというか
単にキッチンにあったんですが(無名の寄せ集め)
実は、今もそのセット包丁はそのまま家にありまして
でも、一番使う包丁だけKitchenAidを
使っていたんですけどね。

余談ですが、アメリカにも Santoku と言って
日本の『三得包丁』海外バージョンが出回ってます。
私も、ずっとこのSantoku包丁です。
毎日使う包丁で、何か良いものはないだろうか?と
嫁に来て間もない頃、右も左もわからず、うろうろ周って
やっと日本の包丁に近い形を見つけたんですが
随分後にそれが、日本の三得包丁アメリカバージョン
だったと知りました。
嬉しかったです。
日本の製品が海外で評価され受け入れられている!
と思うと。

で、色々リサーチすると、やっぱこの手のセット包丁は
クリスマス前の方が断然安くなる気がして
この時期買うのはお得じゃない気がとってもして
結局、地道に原始人マークを集めることにしました。

で、アマゾンで一番安い原始人の包丁をオーダー。
今、いわゆる『サンドイッチを切る用』の包丁で
調理していて不便は不便ですが、
自分の気に入って納得したブツが届くのを待つのも
楽しみがあっていい感じです。(^^)

ついでにまな板も新調しようと思って一緒にオーダー。
増々、届くのが楽しみぃ

スポンサーサイト

Comment

No title
編集
包丁ね~
レオママも一応主婦暦長いので何本も買いましたがこれがまた使いかってが悪くて幾つ買っても気に入らなくて。
それで今使っているのがなんと19歳で結婚したとき買った包丁なんですよ。
この包丁はいい思い出がないのですがなにしろ使いやすいんです。
買ったときはもっと大きかったのですが前の旦那が私に投げつけてステンレスの流しに刺さって先が折れちゃったんです。
それを父がグラインダーでカットして切れるようにといてくれたのですこし小さくなってしまったのですが本当によく切れるんです。
今はこればかりで他の包丁はしまったままです。
すごいでしょう。

chocoさんもお気に入りのブランドがあるみたいですが自分の手になじむのが一番じゃないかな?
ちなみにまな板は100均のプラスチックまな板です。
汚くなったら思いきり交換できますからね。
2015年03月06日(Fri) 00:53
*コメントありがとぉ♪*
編集
★レオママさん

何か、すごい思い出・・(^^;
元旦那さん、今の時代だったら、絶対捕まってますょね(--;
レオママさんのお父さん、どんな思いでその包丁をカットしたんだろう
と思うと、何か切ないです。
でも、さすが日本の刃物!
ハサミもそうですけど、やはり日本の刃物系は本当に優秀ですよ!
1950年代、日本製品がアメリカに多く入ってきてたみたいですが
(戦後、日本からのものは今のメイドインチャイナくらい安かったと思われ)
食器も丈夫だし、刃物なんて感動するくらい切れますょ!
だったら日本の包丁買え、って感じですけど(笑)
2015年03月10日(Tue) 04:34












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。