今日もいいことありそう♪♪♪

電撃結婚した私の、異国(ココ)の地に根を張るぞ!第2章。
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOPスポンサー広告 ≫ 妄想ニッポン(2)TOPニホン2015夏 ≫ 妄想ニッポン(2)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

妄想ニッポン(2)

さて、老前整理つながりで思いついたこと。

ー時間がたくさんある
ーある意味、暇がないとする気になれない

この2点が非常ぅぅに大きなキッカケになりますが
私の中で、気付いてはいたけど目をつぶっていたこと

そう、実家自室の自己流リフォームのリフォーム。

実家母は、屋根の瓦をかえたり
外壁のペンキ塗りに、ふすま、畳のかえるのとか
何年と区切っては、きちんきちんと実行。

でも、室内にいたっては、全く放置。
勿論、熱があろうが、やりがふろうが
毎日、毎日掃除をする人なので、
雑巾がけもワックスがけも怠らず、部屋の中は古いけど
ピカピカではあります。

でも、昔に建てた家なので、家の中は純和風。
アメリカかぶれの娘が、納得出来る訳がなく(笑)
ある時をキッカケに、自分で自分の理想を追い求め始め
トイレ(1階、2階)のプチリフォーム、
自室部屋1のプチリフォームを経て
自室部屋2(風水的に方位が良くないと判断して、勝手に移動)の
リフォームにとりかかってきました。

この自室部屋2は、完全和風スタイルだったため
知り合いの大工さんを頼んで、土壁に何とかってのを上からはってもらい
その上から、壁紙を貼ったんですが
その色味もスタイルも大人しめで気に入らず
ある日、壁を赤く塗ってみた。

ら!

それから数日は、部屋に入るたびに、
心臓の鼓動が早くなりましたが
数日経つと、それにも慣れ、それ以降
赤い部屋と間接照明やキャンドルの相性が非常ぅぅぅに良くて
本当に大好きだったんですが
さすがに、主人がいなくなってからは赤い部屋の老朽化が進み
ふすまにうってもらったベニア板が反り返り
反り返った為に、壁紙も一部はがれ出し、、、という始末。

里帰りで帰る度に、目をつぶってきたけれど
今度は、ある程度決まった期間がある上に
自分だけで使える時間がたっぷりとある。

ここは一つ、自室部屋のリフォーム、またガンバロウ!と
士気が上がっている訳ですょ。

正直、老前整理よりは、楽しそう(笑)

それまでは、私の好みはローラ・アシュレイで一貫。
アメリカかぶれでしたが、インテリアや雰囲気は
イギリスのそれが大好きで、特にローラ・アシュレイラブでした。

    

あ~ゆ~感じ、超ぅぅぅぅ憧れた~。

だから壁紙の感じも、ローラを意識して
部屋自体もローラ意識だったんですが
今現在、ローラにそこまで愛着もなく
しばらく、ずぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅっとフレンチカントリーにも
憧れがあったんですが、あれは実際、実行するのが
私には超ぅぅぅ難しかったのね。
それに、あの雰囲気は、掃除しても綺麗になったかよくわからず
そこんとこも、うーーーん・・・って感じではあった。

今流行りの、北欧スタイル?も、私自身
そこまでは好き!って感じではないのよね。
確かに掃除しやすそうだし、今っぽい感じがすっごいあるけど
あれ、シンプルすぎて、私がやっても

は?だから何?

って感じになるのが目に見えている。
センスってものが、いま3くらいなので、ワタクシ(><)

だから、今度のリフォームはテーマを何にするかなぁ?
というので、今、まさに、妄想入っております(笑)

好きなインテリアとか、雰囲気とか
検索するのが楽しいゎ~。
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。