今日もいいことありそう♪♪♪

電撃結婚した私の、異国(ココ)の地に根を張るぞ!第2章。
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ 後藤さんの死と、憤りTOPキョウノNEWS ≫ 後藤さんの死と、憤り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

後藤さんの死と、憤り

恥ずかしい話しですが、
湯川さんが去年の夏からイスラム国に拉致されていたこと
知りませんでした。
そして、後藤さんというジャーナリストの方も
拉致されているのも知らず、
もっと恥ずかしいと言えば、イスラム国という現象にも無知で
(国ではないので、この場合、その性質上、
 現象という認識が 私の中では一番しっくりくるので)
砂漠の方でいつもやってるケンカ、くらいな意識しか
持ち合わせていませんでした。

今回、二人の日本人に対して身代金がどうの、
という画像を目にした時から、毎日飽きるほど
色んなサイト、記事を読み漁ってきました。

そして先ほど、後藤さんが斬首されたことを知り
直接知り合いだった訳ではないのに
何だか、激しい怒り、悲しさを覚えました。

当初、この二人の行動は自業自得というか、
危ない道をあえて選んでるんだし、それこそ自己責任だょね、
という思いが強かったのですが
記事を読み進めて行くにつれ、また、状況が刻一刻と
シビアになってきたりして、
残された後藤さんには、是非助かっていただきたい、
と思い始めていました。
罪はないんだから。

同時に、日本政府の対応に、え???
というものを感じていました。

別に今まで特に何の反感も持ったことなかったですけど
安部総理の発言、一つ一つに腹が立つ。

お前、オウムかょ?と言うくらい同じことしか言ってないし
ちっとも心が乗っかってない。
口先だけ、ってすぐにわかるようなこと


白々しく、よく言えたもんだよ。


どこかの国と一緒で、結局は自分の利益しか考えてないんじゃない?
って本気で感じてしまった。

日本人だから(ってこれも、後藤さんは日本人じゃないし、とか
言ってる、変な議員もいるけど)
自分に何かあったら、日本政府が助けてくれる、って
ホントにみんな思ってるのかな?

でもさ、仮にそうだとして、だよ。
今回の一連の日本政府の動きは、
殺されるのを、みすみす眺めていた感じがどうしても否めない。
ホントに努力してたのかね?
どこかの国の顔色うかがってばかりで、
本気で救出したい!って姿が私には見えなかった。
んで、テロには屈しないとか、何言っちゃってんの?って感じ。

今回、後藤さんが仮に生きて帰ってこられたとしても
彼は、自分のとった行動のせいで、日本(人)が
今後、テロ組織から狙われる存在に急浮上した罪の意識で
やってられなかったのではないだろうか?とも思う。
だからと言って、死んで良かった訳ではない。

後藤さん、最期の写真、しっかり何かを見据えているように
見えました。
レンズを通して、無言のメッセージのような。
最期まで毅然としていて、ご自分の使命を全うされたのだと思います。

数年前のナイジェリアの事件の時もそうでしたが
私も、三歩歩くと色々忘れてしまう性質ですが
今回、後藤さんの死を無駄にしない為にも
自分のペースで、砂漠の国で起こっていること
もうちょっと注意してみていくようにしようと思います。

合掌。
スポンサーサイト
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。