今日もいいことありそう♪♪♪

電撃結婚した私の、異国(ココ)の地に根を張るぞ!第2章。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ トゥース・フェリーがやって来た♪TOPコドモ ≫ トゥース・フェリーがやって来た♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

トゥース・フェリーがやって来た♪

子供ネタ、続きますが(笑)

プリンちゃんが6才の誕生日を迎えるやいなや
ついに乳歯が抜け始めました!

最初は、下の歯、時差ありで2本。
そして、前歯の片方。
そして、先日、前歯のもう片方が抜け
現在、プリンちゃんは、おばあさんのような顔になってます(笑)

日本では、というか私が子供の頃は
下の歯が抜けると屋根に投げ、
上の歯が抜けたら縁の下に入れる、ということをしました。
良い歯が生えてきますように、みたいに。

ここアメリカでは、子供達の元に
トゥース(歯)フェリー(妖精)というのがやって来るんです。

子供が寝る時に、枕の下に歯を入れておくと
トゥース・フェリーがやって来て、翌日の朝には
枕元にお金が置いてある、という仕組みです。

   
     プリンちゃんの歯を入れる枕(ピロー)

↑↑↑ これに抜けた歯を入れて寝ると、翌日同じポケットに
   現金が入っている、という。

日本のお年玉などの習慣がなく、
誕生日やクリスマスなども、ほぼ全て品物でもらう
アメリカの子供達なので、
お金のプレゼントは珍しいことなのかもしれません。

トゥース・フェリー言ったって、やってるのは親ですが(笑)
2本目の歯が抜けた時、
うっかりちゃっかり、忘れてしまったことがありました。

その翌朝、プリンちゃんがすごい血相をかえて
まだ寝ていた私達の寝室に入ってきまして

「ママ!トゥース・フェリー来てない!」



「げ!忘れちまった!∑( ̄Д ̄;)

思ったけど、言えず、言わず、
「きっと、忙しかったんだょ~。
 また明日来てくれるょ、きっと。(^^;」

トゥース・フェリーの仕事を柔軟に理解してもらえて
本当に助かりました(笑)
スポンサーサイト

Comment

No title
編集
プリンちゃんはお婆さんのような顔になってます・・・(笑)
可愛そうに・・・でも想像できます。
小学校一年くらいで抜け替わるからみんな歯抜けばあさんのようなかおになってしまうんですよね。
家の孫ちゃんも来年あたり抜けるのかな?
まだ抜けたって聞いてないし。

6歳でこれから長い人生一生使う歯が生えてしまうんだから人間は大変よね。
もっと歯の大事さわかるころに生え変わったらいいのにね。

でもアメリカの風習面白いね。
お金はいくらくらい入れておくんでしょうか?
2014年11月02日(Sun) 13:23
*コメントありがとぉ♪*
編集
★レオママさん

そっかぁ、小学校1年生くらいで歯って抜けるんですね。
それを思うと、プリンちゃんは少し早いのかな?
孫ちゃんも6才になったし、そろそろぐらぐらくるかも。

ね~、私も結婚して子供を持ってから、色々アメリカの習慣
学んでます。
お金は、たいてい1ドルとか2ドルかなぁ?
1ドルって約100円だけど、こちらは紙幣なので
高級感がある?(笑)
我が家は、ソーダ君がうるさいのでもう少し入れるんですが
そんだけ入れてたら、全部歯が抜ける頃には家が建ちそう(自爆)
冗談ですょ~(笑)
2014年11月03日(Mon) 02:08












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。