今日もいいことありそう♪♪♪

電撃結婚した私の、異国(ココ)の地に根を張るぞ!第2章。
2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOPスポンサー広告 ≫ 娘の日本語力TOPコドモ ≫ 娘の日本語力

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

娘の日本語力

過去、何度かこのタイトルで記事を書いてきましたが、
今、
正確に言うと、この数ヶ月が一番苦しいです。
プリンちゃんではなくて、ワタクシが。。(--;

日本語教室に通い出して、かれこれ3ヶ月。
これにかなり期待していたんですが
娘の日本語力が格段にアップしたようには思えず。
むしろ、逆にアラがよく見えるようになりました。
でも、これは悪いことではないと思ってますけどね。

ある日、プリンちゃんに、

「やっつ(八つ)って、いくつ?」と聞いたら、

「げつようび!」 と答えてきました。

月曜日を知っていたこと自体を褒めるべきなんでしょうが
ワタクシにその余裕がこれっぽっちもありません。
心臓発作ものですょ、この回答とか。
よく今まで生きてますょ、私。

平仮名も全部は覚えきれてないし、
簡単な足し算のようなことを日本語の教室でするんですが
数字すら、日本語で理解出来ていないみたいで
ここのアメリカの学校ではすでにやっていることなので
そして、出来ていることなので、わからない、ということは
ないと思うんですが、
私も悔しいので、最後の最後まで英語で説明したくないんですが
自分の娘を、バカか、こいつ?とも思いたくないので
結局、最後に英語で説明してしまうと、正しい答えを言ってくる。

明らかに日本語の問題なんですょね(><)

私は勿論、娘には日本語で話しますが
例えば、何か取ってくれるように私が頼んだりすると
「いと(糸)ってなぁに?」 とか、
あと何だったかな、わからない言葉。
とにかく、(私が)言う言葉、言う言葉、
単語も言い回しもわかってない感じで。

言葉って、そんなに頑張って教えないと覚えないっけ???

だって、生まれた時から日本語で接してるのに???

と、私の頭の中が渦巻き状態なんです。

そして、日本語を教える、ということも
教えること自体がストレスで、

間違いのないように言っておきますが
プリンちゃん、日本語ちゃんと話してます。
ただ、語彙も発音も、同年代の日本の子供に比べたら
全然少ないし、会話もゆっくり。
自分のことや、あったことを人に説明するのに
日本語より英語の方が伝えやすいらしい。

子供はスポンジみたいに、何でもすぐに吸収するとか


あれ、ウソだね、



とか思いますもん、ホント。(涙)

やっぱり、繰り返し、繰り返し、教え込んでいかないと
異国で日本語を習得するのは難しいようです。
自然に覚えるなんて、この土地では無理なようです。

さっきも風呂の中で、プリンちゃんを泣かせてしまいました。

今、人は何て数える(ひとり、ふたり)とか
ペンは、何て数える(いっぽん、にほん)とか
そうゆう類のことが、全く出来ていないので
この一週間、ずっと毎日、お風呂の中でそうゆうことを
教えている(つもり)なんですが、
本の数え方を一向に覚えない。

しかも、1から10の数が(日本語で)曖昧になってる。

もう、まず、私が爆発してしまいました。
今まで、どうにかこうにか、持ち前のギャグ精神で
乗り越えてきてたんですが、
月曜から始まり、木曜の今日になっても覚えてない。

そもそも覚える気があるんか、お前~!みたいな。

違うママ友、少し上のお子さんなんですが、
「親子で泣きながら(日本語)やってる」って言ってましたが


ホント、そうだよね~!

(T_T)
 

って感じで。

でも、親がまず本気になって教えていかないと
今までのようでは(乳幼児の間はそれで良かった)
ダメなんだ、ということを、ここ数ヶ月で
まず、親であるワタクシが思い知らされました。

この日本語教育を、ちゃんとした機関を使って
例えば3才くらいから始めたら、こうはなっていなかったと思います。

現在6才を生きている娘。
私がギブアップしたら、恐らくここで日本語の成長は終わるんだろう、
と思います。

娘の日本語力。
生かすも殺すも、親次第。
本当に頑張らないといけないのは、このでした!
ふぅ~。
スポンサーサイト

Comment

No title
編集
ご無沙汰です!
ちょくちょく覗いていたのですが、コメントは久しぶりです。
日本語、うちも危機感を持ってますよ。
私が家で話しかけるだけではとても足りないと判断して
日本語補習校にも4月から通いだしました。
でもまだ幼稚園の前の段階なので
日本語の本を読んでもらったり、日本の遊びをしたりと
勉強という感じではないので本人も楽しんでます。
が、来年からは授業形式になるので、
ついて行くのが大変になるのではないかと予想されます…。
私も何度教えても覚えてくれないと、ついイラっとしたり、ガッカリしたり。
でもほんと、そこでもういいやって親がなると、それで終わりですよね…。

別記事の物は断捨離しても、発想や行動まで
断捨離しちゃいけないって言葉、ほんとだなーと思いました。
私はもともと捨て魔なので、余計にそう思ったかも…。

プリンちゃん6歳になったんですね!
まだまだ子育て真っただ中ですが、お互い頑張りましょうね!
2014年09月30日(Tue) 03:07
*コメントありがとぉ♪*
編集
★macoさん

わぁ~!フィンランドにも日本語教えるところがあるんですね!
何か、意外な感じでした。
というか、もうどの国に行っても、それだけ日本人がいる、ってことですかね??
何か、今の時代はインターネットもあるし、電話だって、テレビ電話出来るし
先人達の苦労をもっと私達はありがたく思わないとですね、と
今、ふっと思いました(笑)
日本語の補習校ねぇ・・
我が家は、そんな大それたものへは試験さえ受けず(^^;
でも、やっぱ学校というところ(どんな場所でも)へ行くと
やっぱいいですね。自己流で親が教える?よりも
今、この段階で何にフォーカスすればいいのか、空気がつかめることが
親にとっては、というか、私はありがたいです。
そっか、今、この段階なんだ、みたいな。
男の子は、特に幼い頃は、机にじっと座るのさえ嫌がるでしょう。
苦労、お察しします・・(^^;

ARABIA!!!
思わずググってしまった。そして見入ってしまいました(笑)
やっぱヨーロッパ系はいいな~。
絶対、アメリカにはないものがある。当たり前だけど(笑)
インテリアをヨーロッパっぽくしたいんですけど
何をどうしたらいいのか、頭の中でくるくるぱあです。
でも、その過程が楽しいのかな?

ホント、お互い、まだまだ子供小さいですけど
頑張りましょうね~!
体力勝負ですもんね!(笑)
2014年10月02日(Thu) 14:22












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。