今日もいいことありそう♪♪♪

電撃結婚した私の、異国(ココ)の地に根を張るぞ!第2章。
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOPスポンサー広告 ≫ よくぞ言ってくれましたっ!!!TOP日々綴リ ≫ よくぞ言ってくれましたっ!!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

よくぞ言ってくれましたっ!!!

このところ、珍しく世界情勢というか
主に某国による執拗な無根拠の日本たたき、
それに対して日本政府が断固とした声明、その他
自己主張をしていないところなど
何だか、イラッとくるシーンが多かった。

そして、この人に対しても、
他国に来ていながら、その国に対する理解を示すことなく
いきなり土足でやってきて、思いっきり上から目線で
偏った、自分の好み、指向中心で
自分の立場をわきまえていないのか、逆に利用してなのか
公の機関を使ってつぶやいてしまうなど、もう


はぁ?!?


と言った感じだったが。

今日、よくぞ言ってくれました!という記事を読み
ちょっとスカッ☆とした気分になれたので、
ここでご紹介したいと思います。

全文載せます。http://sankei.jp.msn.com/world/news/140216/amr14021608000000-n1.htm

その後、某国関連でスカッ☆とした記事も続きますので
お時間のある方、寄ってみて下さい♪


対応に「?」最近の米大使館
014.2.16 08:00 編集日誌

 日本列島が再び大雪に見舞われた14日は、新聞輸送上の制約で締め切りが大幅に繰り上げられた。忙しく紙面制作に追われたが、都内に配られる朝刊最終版の一部に辛うじて突っ込んだ記事があった。

 在日米国大使館が、NHK経営委員を務める作家、百田尚樹氏の東京裁判などをめぐる発言を理由に、NHKによるケネディ大使への取材に難色を示しているというのだ。

 百田氏の発言が波紋を広げたとしても、それで取材拒否? 米国大使館が安倍首相靖国参拝に早々と失望を表明したり、大使がイルカ漁を非人道的と非難したり、最近の大使館の対応に首を傾げる向きも少なくない。大使には早々と決めつけず、日本の幅広い意見に耳を貸し、バランスよい対応をお願いしたいと感じるのは筆者だけではあるまい。(編集局次長兼外信部長 村上大介)


続いて、某国関連の記事
長いので、リンク置いておきます。 コチラ

例えば、朝○新聞の主張とか、テレビ朝○の主張が
偏見独自の見方に偏っていて、公平を欠くが
それを読んでいる読者や視聴者は、
自分の考えを明確に持っていない場合
ただ洗脳されてしまう傾向があるような記事も読み
私が読んでイライラする記事も
そうゆう特殊な傾向の中にあるのか?公平な中にあるのか?
そうゆうことにも注意を払わないといけないのかなぁ、と
思っていた矢先ではありましたが
どうやったら中立の立場で物事が見えるようになるんでしょうねぇ。。
どの媒介が事実を最も反映しているんでしょうか。
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。