今日もいいことありそう♪♪♪

電撃結婚した私の、異国(ココ)の地に根を張るぞ!第2章。
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOPスポンサー広告 ≫ アメリカdeスキ焼キTOP日々綴リ ≫ アメリカdeスキ焼キ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

アメリカdeスキ焼キ

早いもので、2014年が明けてから
早くも3週間が経過。

って、何度も言うようですが、早っ!

またもや、事が風化する前にギリギリ書いておきます。

今年のお正月。
それまで洋食続き、加えてベーキングに次ぐベーキングで
少々日本の食べ物が恋しくなっていたので
ちょうどいいから、お正月はすき焼きをしよう!と
ソーダ君と決定。

今年も大晦日からソーダ君パパの家で過ごすことになっていたので
日系スーパーですき焼きの食料を調達。
具材を全て持って、大晦日の晩、ソーダ君パパの家に到着した
はずでした。


ぐゎっ!!!


ここで、やってしまった!(ノ_<)

割り下用に使おうと思っていた、追い鰹ツユ、
生で食べれる卵、そして、そして!

肝心の薄切り肉!

を、まんまと家に忘れてくる、という失態をおかしてしまった!

追い鰹ツユは何とかなるからいいにしても
生で食べれる卵に、薄切り肉がなかったら
すき焼きにならぬぅぅぅぅ!!!!

補足しますが、アメリカでは卵は通常生で食べられません。
食べない習慣があるのもそうですが、
卵自体殺菌されていないのが普通のようで
生で食べて亡くなる方もいるそうなんですょ。

ところが近年、殺菌された卵が出回るようになったらしく
その卵だったら、生でもOK!
通常卵の倍額しますが、生卵にはかえられねぇ(笑)
その卵をわざわざ買って用意していたのに、家に忘れました。

加えて、この薄切り肉
アメリカの肉屋さんで、「紙くらい薄く切って!」
と頼んだ所で、この日本の薄さは出ないんですょね。
なので、ホントの薄切り肉を求めるなら日系スーパーで買うんです。

それも、まんまと忘れてきたという・・・

冷蔵庫でなえていく春菊・・・

そして、もう絶対今晩、すき焼きを食べよう!ということになり
ソーダ君パパ、義理ママ、ソーダ君で手分けして
殺菌してる卵、薄切り肉を調達。

ところが、ソーダ君のお家がカントリーなため
そんな卵、どこにも売ってない(T_T)
周辺の少し大きな街に行っても、売ってない(号泣)

そして肉は、わざわざ遠くの肉屋まで行って
紙くらい薄い肉!と言って切ってもらったけど
何ちゃって肉にしかならなかった(涙)

でも、家族の応援があって実現しました!
アメリカdeスキヤキ。

        

ソーダ君パパの家に行く前に、わざわざスキヤキのリンク送ってたし
皆楽しみにしてくれていたので、実現出来てホッとしました(笑)

すき焼きが、こんなに大変な料理だったとはね!(爆)
スポンサーサイト

Comment

No title
編集
ここまで来たら執念ってやつですか?(あははは)
何が何でもすき焼きにしたかったのね。
でも何とか食べられてよかったね~
でも生卵が簡単に食べられない?
よく解からない状況です。
美味しく食べられてよかったね。
2014年01月25日(Sat) 23:41












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。