今日もいいことありそう♪♪♪

電撃結婚した私の、異国(ココ)の地に根を張るぞ!第2章。
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOPスポンサー広告 ≫ サタデーナイトフィーバーTOPmovie大スキ☆ ≫ サタデーナイトフィーバー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

サタデーナイトフィーバー

いゃ、今日のお題、『サタデーナイトフィーバー』
ですけどね。
別にクラブへ行った、とか、どこぞへ出かけた、という話ではなくて
正真正銘、『サタデーナイトフィーバー』の映画のお話しです。

この映画、一度ちゃんと見てみたかった。
何度も言って申し訳ないですが、
私達の結婚式の時(アメリカ時)、日本から来てくれた叔父が
この映画の曲がかかるなり、映画仕様で登場してくれまして
そのダンスの動きというか、ノリの良さに感服した訳ですょ、ワタクシ。

それまでよそよそしかった、鈴木家とスミス家の双方から
わぉ~☆☆☆と、感嘆の声がもれ、場が一気に盛り上がった、という。

その叔父の登場の仕方が今でも目について離れず、
それから丸8年が経った、昨日の土曜日、
(くしくも、私達の記念日ウィークでしたょっ!!!)
(夫婦そろって忘れ、夫婦でスルーしてましたけど!滝汗)
プリンちゃんが寝静まった夜中、一人で鑑賞しました。
ホント、偶然でした。


そしてまた、長い前置きになってすみません。(^^;

     

1977年の作品のようですね、どーも。
確かに、服装や映像がもう、古いっ!
でも、このジョン・トラボルタさんの若き日、というか
彼のダンスは、やっぱ光ってましたね。

彼、本当にダンスが上手で見惚れました。

この写真のポーズですけど、
恐らく普通の人がポーズとっても、ここまでは決まらないと思います(笑)

面白かったのは、まぁ、ストーリーはおいておいて
クラブとディスコは全然違いますね。
この70年代のディスコは、踊りが今と違って
社交ダンスが入っているような、
プラス、盆踊り的な動きもあったりして
ディスコに集う人達の服装も違いますし(もっとフォーマル)
そうゆうのが面白かったです、見ていて。

やっぱクラブってゆーのは、ラップが入ってきてから
あーゆー感じになったんですかねぇ?

ベルファーレもつぶれちゃった?みたいですけど
あーゆー、煌びやか(きらびやか)系は、今の時代には
そぐわないのでしょうか・・

このジョン・トラボルタさんを見ていると、
あれ?アタシが知ってるジョン・トラボルタとは別人だった?
と、ふと思ってしまうくらい、
この映画の中の彼と、現在の彼が違いすぎる(^^;
それくらい、彼、若いです。

若い、と言う、ってことは、私もそれだけ年食ったって事だけど(自爆)

でも、ジョンさん自身、一時期ダンサーを目指していたことがあったようで
見事に映画で生かされましたね。

ストーリー的には、最後が、え?って
半沢直樹の最終回のような終わり方でしたけど。
まぁ、続編があるようなので、続編は借りてみようと思います。

恐らく、70年代、叔父の青春真っ只中だったのかな。
そんなことを思いながら、時代の移り変わりや
ダンスのキレや、映像を思い出しながら
一人眠りについた、土曜日の夜でした。

だらだらと独り言トークにお付き合いしていただいて
恐縮ですゎ(^^;
でも、何か、この映画、良かった。耳と目と心に残りました。

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。