今日もいいことありそう♪♪♪

電撃結婚した私の、異国(ココ)の地に根を張るぞ!第2章。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ ドキドキ☆初診察!=10週目TOP第2子カイニン劇 ≫ ドキドキ☆初診察!=10週目

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ドキドキ☆初診察!=10週目

プリンちゃん(第1子)を妊娠している時。
ドクターの誤診というか、機械操作ミスで
あわやけいりゅう流産か!?とすごく焦った期間があった。

11週の子供が5週くらいの大きさしかない、という・・・

翌週に本格的にエコー技師によるエコー診断をして
子供は5週どころか、予定より大きく成長していることが判明。

でも、その待っている間は、生きた心地がしなかった。


そうゆうことが過去にあったため、今回、実は
初診でドクターに会う時、すごくドキドキだった。

やっぱ腹の中には何もいません、なんて言われたら(><)
こんだけ食べて吐いてはいても、全く未知の世界だし・・・


その初診が、先日ありました。

結果、腹の中に小さい人おりました(ホッ)


何度も言うけど、保険が違うためプリンちゃんの時の先生じゃない。
病院も違う。
システムも全く違う。

だから、初めて行く病院だし(義理姉の出産でかけつけたことはあったけど)
内容わからないし、ちょっとドキドキだった。


一応、おしっ○検査するかな、と思ってトイレ我慢したり
そうゆうことはしてみたけど・・・


そしたら、身長、体重、血圧を測って、おしっ○検査はしなかった。


プリンちゃんも同行したけど、看護婦さんが気をきかせてくれて
看護婦さん達の部屋でプリンちゃんと遊んでいてくれた。


私は、すっぽんぽんの真っ裸になって先生の到着を待った。
(あ、上から羽織りものは着たけど)


というか・・・

どの先生がいいものか全くわからずに、電話予約した時に

「女の先生だったら2人対応出来る人達がいるゎ~」
「若い先生と年取った先生、どっちがいい?」

みたいな聞かれ方をして(笑)

うーん、どっちでもいいんだけどなー。あなた決めて、と言いたかったけど
何となく、「じゃあ、年取った先生」と言ったら

「良かったわね!この先生すごくベテランなのよ~。いいドクターよ~」と。

何だ、それ(^^;


まぁ、いいや。
この道38年のベテラン先生なら、私(一応高齢で前回切腹)の対応も
多分?パッパとしてくれるに違いない。


そんなことがあって、初めて先生にお目にかかった。


いや~、何か頼れる感満載っ(笑)

というか、あー、やっぱこれがプロだよな~、みたいな。
よくわからないけど。


ずっと検査してなかった、膣のとこのガンの検査もするということで
そこのサンプルを採取して、
触診ってゆーの?
ちゃんとおっぱ○も見て、触って(女のセンセで良かった。笑)
多分乳がんもチェックしてる?とか思いながら。。。

で、内診もして子宮をチェック。

「うん。妊娠してる子宮ね。いいわょ~」だって(笑)


そして、待望?のエコーへ。


以前のトラウマがあるから、これがちょっと怖かったんだよね。

そしたら、ちゃんと人間みたいな形の人が画面に映し出されたっ!!!



うぉ~~~~~~~~~~~っ☆



生きてる、生きてる、生きてるじゃーーーーーーん。


私の異常食欲とゲロの原因は、お前さんかょ、と思ったら
ちょっとかわいくさえ思える。


そして、10週6日で初診だったのが、
エコーによりすでに11週に入ってるとのことで
まぁ2日くらいの違いだけど(笑)



超ぅぅぅ安心したーーーーーっ。


というか、2番目の子の妊娠は、正直嬉しさはあったけど
プリンちゃんの時のようなトキメキみたいな感じはなくて
ま、、、、マジ???みたいな、
え、だって、がんばってないのに?

プリンちゃんの時は、がんばってがんばって1年半かかってやっと妊娠。

ところが今回は、全然がんばってないどころか


想定外(苦笑)


私達、えっちしたっけ?くらいなノリだったのょ(^^;


だから違う驚きはあった(自爆)


でも、やっぱこうして画像で生きてる人間の小さいのを見ると
何か、ぽゎ~ と感じるものがある。

やっぱ嬉しい、と思う。


ドクター、
「次は6週間後の診察でいいゎょ。そんなに毎月来たって大変でしょ」
だって。


まー、確かにねー?(笑)

でも、それだけ順調?問題がない、ってことだろう、とも。
(前向き解釈。笑)



緊張の糸がほぐれたのと、子供見れて嬉しかったせいか
久々に車の中でラジオの音楽に合わせてダンス。

それを見てプリンちゃんも和んでいた。


今までゲロゲロだったり、マミーが自分に余裕がなくて
プリンちゃんもピリピリまでいかないにしても
やっぱ違う空気を感じていたことだろうね。
ごめんね、プリンちゃん。


嬉しいついでにエコーの写真載せておきます。


実は、ドクターからこの時、ある提案というか
方法というか、を言われて、ちょっと考えることもでてきたんだけど
それはまたの機会にブログりたいと思います。


 

大きさは聞かなかったけど、写真に6.7cmと
書いてある。。。
これが大きさかな??
スポンサーサイト

Comment

編集
chocoちゃん
よかったね~
順調だし
写真もくっきり♪
生命の誕生なんだよね~
ママが安定してることがなんでも一番だし
ぷりんちゃんも嬉しいと思います。
とはいえ
大事な時期だし無理しないように~♪
2011年08月27日(Sat) 13:44
編集
うぎゃ~~~♪
エコーがあまりにも懐かしく♪
しかも、もう赤ちゃんの形じゃん!!という驚きで、ネットを繋げて来ました(笑)
携帯じゃわからんもん~~~~
人がいるんだよね~
あたしもこういう形をちゃんと見て、半分くらいは実感したかな?
後は胎動だよね~
あの胎動だけは?もう一度経験したいわー♪

アメリカの周期の計算って
エコーによってで変えてくるよね???
こっちだと周期より小さいね、大きいねってだけで周期までは変わらないじゃん?
その辺がややこしくさせる理由?ってイメージだけど・・もう二人目だから慣れたかな(笑)

義理姉さんの病院と同じになったの?
全く知らないとこじゃなくて良かったね~~~♪
ベテランかどうか選べるって(爆)
てかてか!!!
何が驚いたかって、すっぽんぽんにどうしてなるんだ?????って最初ビックリ!!!
下を見るのに、どうして上まで~~~~って(笑)
そっか・・乳がんまで見てくれたんだね?良かったね~得したよね?
がん検診高いし・・あんまそういう検査を受けたって話を聞いてないから
良かった良かった♪
あたしも行かなきゃなーー

ぷりんちゃんに話してあげればいいのに~と、何度もしつこいよね(汗)ごめん。
その時が来たから授かったんだもの・・早いとか理解出来ないとかないのに・・。
でもきっと何かchocoチンなりの心のタイミングなんだろうね・・
ドキドキだなぁ~~~~☆
2011年08月27日(Sat) 15:37
編集
順調そうで良かったですね!
そうかアメリカもいろいろ病院や先生選べるのですねぇ。
ここフィンランドは出産する病院というのは地域ごとに決まっていてそこでしか産めないんですよ。
そして首都ヘルシンキでさえ2つしか出産する病院がありません。
有名人だろうが一般人だろうがみんな同じ国立病院で出産。
担当の先生なども選べません。
ある意味ものすごい平等ではありますが…。
あ、でも出産する病院はスタッフから医師までほぼ全て女性です。
そしてエコーも何か特別に問題がない限り出産まで2回しかうけられません。
まぁこれも国の補助でほぼ無料で出産できるシステムだから仕方ないんですが。
アメリカのシステムはまったく違うようなので、いろいろ興味深いです。
2011年08月29日(Mon) 02:29
*コメントありがとぉ*
編集
★shimacchiさん

ありがとうございますぅーっ。
ホントね、ママの安定ねー(^^;
この安定をどう保つか、そこがポイントだな(苦笑)
このまま順調にいきますように☆


★ユキエモンしゃん

胎動かぁ・・・
すでに胎動がどんなだったか忘れてるし(^^;
仲良かったイトコが、2番目出産する時
「陣痛ってどんなだったっけ?」と妹に電話して聞いた、という話を聞いて、
「お前、ばっかじゃない~!(笑)」とかさんざん受けたけど、人のことまた言えない・・・(^^;
ホント、色々忘れるもんなんだなー、って思うゎ。
それに比べて義理姉。
よーーーく覚えてるんだよねー、色々。
ツワリで辛いのは○週までょ、とかさ。
あれはもうアッパレ、って感じだなと毎回感心するゎ。


>アメリカの周期の計算って
エコーによってで変えてくるよね???
こっちだと周期より小さいね、大きいねってだけで周期までは変わらないじゃん?


やっぱそうなんだー。
ホント、エコーの大きさで変わるから、こちらもえ?え??って感じだよ。
だからさ、私もプリンちゃんの時、別に予定日過ぎても生まれなかったんじゃなくて、予定日そのものが早く設定されすぎてた、と思うのょ。
まー、最終月経から言っても3日は遅いけど、そんなの遅いに入らないじゃん?
って、今さら言ったって遅いですが・・(^^;


>ぷりんちゃんに話してあげればいいのに~と、何度もしつこいよね(汗)ごめん。
その時が来たから授かったんだもの・・早いとか理解出来ないとかないのに・・。


あはははは(^^;
姉さんの一番の気になるポイントなんだよね、ここ。
私が言わなくても、ソーダ君がもう言ってるょ。
でも、反応がないのよ。
ブログれたらブログろうと思ってるけど、ソーダ君の持っていき方が、兄弟=ライバル、って感じだし、そんな風に言われたら、私だっていやだもん。

この間、子供の写真もらった時、マミーのお腹にベイビーいるんだってー。って言ってるけど、反応ナッシングょ(^^;


★macoさん

アメリカは、国保というものがなく、全て民間の保険でまかなうんですね。(そして保険に入ってない人達も大勢いる)
で、その入っている保険会社によって、提携している病院が違うので、この病院評判がいいから、という理由で行っても診てもらえないんです。
そして、医療費がバカにならないくらい高い国でもあって(汗)
だからなのか?エコーも2回ですょ。
私も、あと1回エコーしたら終わりです。

フィンランドも普通分娩だったら翌日退院とかですかー?
2011年08月30日(Tue) 02:27












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。