今日もいいことありそう♪♪♪

電撃結婚した私の、異国(ココ)の地に根を張るぞ!第2章。
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOPスポンサー広告 ≫ 断捨離VSアメリカ的節約TOPダン捨離*ホームスィートホーム ≫ 断捨離VSアメリカ的節約

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

断捨離VSアメリカ的節約

わたくし、専業主婦ですので

お得ネタ情報とか

独身時代の『今年の春のトレンド』とか以上に
ガンガン、アンテナに引っかかってくる訳ですけど・・・


アメリカで生活していて思うのは、
アメリカでの節約って、イコール 大量買い なんですょね。


今、全日本に勢力を拡大中のCOSTCOだって


ぶっちゃけ大量買いでしょーーー。



COSTCOに行く度に、ホントに毎っっ回っっ思うけど
あんだけカートにあふれんばかりの商品を買って

この人達の家は、一体どうなってるんだろうか・・・?と。



これは私だけのことかもしれませんが、
たくさんある、と思うと、一つ一つの商品に対して
扱いが雑になるというか、ちょっとくらい捨ててもいいや、って気持ちになる。


あ、話がそれましたが・・


断捨離って、ストックの量自体も見直すわけでしょう?


その大量ストックをどこに保管すんのよ?ってずっと思ってたけど
今、書いていてわかりました。



つまり、大量ストックが置けるくらい



まず、物を減らせ、ってことか?



物を減らしてから節約しろや?と。



神様、わたくしにそう言ってます~?



この8年間、引越しを1年半起きにしていたため
大量に物を捨てて来ましたが
やはり物って自然に増えているんでしょうか・・・



ちょっとの間、断捨離目線で色んなものを眺めてみようと思います。
スポンサーサイト

Comment

編集
あーー、なんかゆっくり来れない(現在進行形)
今もスマホから入れてるから、コメントちぐはぐかも。それはいつもか?(笑)

スルー出来ない写真発見(爆笑)
ちょこちゃんは誰よりも美に厳しく、誰よりも追求してるから
もうそのジャンルでは逆立ちしようが生まれ変わろうが太刀打ちできねーと思ってたけど、
もしかすると片付けのセンス(美)は勝てるかもーーー(笑)
あははww

棚の高さがあんまりないと、使いにくいよねー。
本当は100均にも打ってるスタッキング式の棚(カゴ)使うのもいいよ?と思ったけど、
見た感じ高さ無さそうよね
あと、うちも今欲しいんだけど、吊り収納とかいうので
棚の上部がどうしても空いちゃってもったいない空間あるでしょ?
そこを利用した収納アイテムなんだけど…
説明が難しい(笑)
買ったら紹介するわ

ストックかー。
あたしはあんまりしない方だけど、ストックしてる人は
ストックと普段遣いの収納を別場所に分けてるんだよね
一緒にしちゃうといかにも物が多く見えちゃうからね。
普段開ける扉のなかは、必要最低限ってのがポイントのひとつかも?
2013年02月26日(Tue) 14:51
*コメントありがとぉ♪*
編集
★ラブちゃん

あらん(笑)スルー出来ない写真があったかしらーっ(自爆)
ラブちゃんには絶対突っ込まれると覚悟しておりましただ。
つか、写真に撮ってみていかにひどかったか
我ながらビックリしちゃったょ(爆)


>ちょこちゃんは誰よりも美に厳しく、誰よりも追求してるから

いゃ、褒めすぎ、褒めすぎ(照笑)
つか・・・
あれ?自分って片付けのセンス・・・・ない?と
知らなかった事実に直面したりして・・(自爆)
ここの家、いつもキレイ(に整頓してる)ね~、と良く言われるけど
これはソーダ君の努力の賜物なんだょ(^^;
ソーダ君といると、自分がいかにずぼらかわかる、っつーか(--;

スタッキングねー。
ラブちゃんがいってる空間の上利用のやつ、知ってる、知ってる。
検討しようかと思ったけど、あれもいまいち小さいんだょね。
今の収納って、奥行きがとってもあるのさー。
まぁ、全部空間を使わなくてもいいんだろうけど。

ストックは、必ずあるなー、うちは。
日本食のストックとパスタ系のストック。
その他にももろもろストックがあるょ。
そのストックだけで収納のうち2個使ってる。
今考えると、けっこーな量だなぁ・・・検討するべきか・・・


2013年03月02日(Sat) 22:58












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。