今日もいいことありそう♪♪♪

電撃結婚した私の、異国(ココ)の地に根を張るぞ!第2章。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ アルジェリアの星空TOP日々綴リ ≫ アルジェリアの星空

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

アルジェリアの星空

この事件が発生してからの、この数日。
何とも奇妙な心地で過ごしている。

ネットニュースに釘付けで読んでいる。


検索しなくては何処にあるのかさえ知らなかった国
アルジェリア。


ここで何が起こったかは、皆さんも知っての通り。



何だか、この標的にされたのが他の外国人ではなく
日本人だった、ということが一番心にひかっかる。
御幣があてはいけないけれど、これは記事の
『最初に狙われたのは、日本人居住地』
という記事を読んでから。


それ以前から、こんなに複数の日本人が海外で事件に巻き込まれ
一気に亡くなる、ということが、自分のことのように、こたえる。



銃。


これに全く面識がない日本人。
映画やテレビの中でしか存在しないものに
そんなのを突きつけられ、
最期まで恐怖を感じながら逝ったのかと思うと
もう何と言ってよいかわからない感情が渦巻く。


亡くなった方達は、経験、知識、技術力に加え
海外でたくましく暮らせる柔軟性も多いにあった
いわゆる優秀な人材そろいではなかったんだろうか?

そんな方達が、そしてその家族の方々の人生が
これで一気に方向転換させられた。

この屈辱感を、悲しみを、どこにもっていけばいいのか。



そこに使命感があったから、過酷と言われる砂漠の中でも
仕事してきたんだろうに。


ソーダ君とは、この事件のことではかなり温度差があって
話してるとケンカになる。ったく、もぅ。(--;



なかなか現地の声が聞けない。
もどかしいけど、それもしょうがないのか。


この記事で、砂漠で生きる、ということが
少し垣間見れたような気がした。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130123/crm13012300490002-n1.htm


犠牲になった方達の冥福をお祈りします。
スポンサーサイト

Comment

酷すぎますよね。
編集
本当にどれほどの恐怖だっただろうと胸が締め付けられる思いです。
爆弾を身体につけられ脅されてる恐怖、部屋に隠れていたのを無理矢理連れ出され銃で撃たれたり・・・言葉がないです。
本当に可愛そうでたまらない事件ですよね。
勤勉で優しくて努力家な日本人がなぜ標的にされなければならなかったのか?
北朝鮮にしても今回の国にしても恐ろしい考えしかもてない心の貧しい人間達ですよね。

毎日のように新聞のトップ記事で情報は流れてますが亡くなったと言うより殺された人の人数が増えるたび信じられない気持ちで辛いです。
もし自分の家族だったらと・・考えてしまいます。
友人の旦那様も海外で働いている人いますがこの前は中国の反日デモのときは急いで帰国したそうですが今はタイに行ってるそうです。
怖い事件ですよね。
chocoさんは海外に住んでいるからこそ日本人の事が気になるのでしょうね。
2013年01月24日(Thu) 22:07
No title
編集
ちょうどついさっき、残りひとりの方の死亡が確認されたとニュースで・・。
もう言葉がないよ。
これまでテロに日本人が巻き込まれる事件はあったけど
日本人をあえて狙ったテロはなかった。でもこんな時代になってしまったんだって身震いした。
国内でもいつ誰が侵入するかわからない、いつどこで爆発が起きるかわからない世に中になってしまったんだ・・と、悲しくなる。

自分自身、バリ島でテロに遭遇し、その時体が震えた恐怖を思い出した。
それが目の前・・・面白がるように恐怖をじわじわと見せ物のようにされたのかと思うと、
きっと生きて残った方も、一生その恐怖から解放される事はないんだろうなと思った。
家族もきっと・・。

亡くなった方全員の名前や年齢が発表されるのは明日らしいけど、わかってるだけでも、みんな年齢層が高いな・・と驚いた。
それこそ、追ってた夢があったのか?流されるまま危険な地に身を置いてたのか・・・どんな人生だったのだろうかと想像すると泣けてくるよ
2013年01月24日(Thu) 22:35
*コメントありがとぉ♪*
編集
★レオママさん

本当に痛ましいです。
自分は安全地帯にいて、可愛そうもへったくれもないだろうとも
思うんですが、事実は事実ですものね。
危険承知でそうゆう土地に行ってる、という意見もありますが
そうだとしても、何も殺されなくたっていいだろう、と
つい思ってしまいます。
今回の事件で殺した側の人達も、絶対良い死に方はしないと思うし
死後もそれなりのことが待っていると思います。

この事件で生き延びた人達がいることがとても嬉しいです。


★ラブちゃん

もう他のニュースや記事で読んだかな?
年齢層が高いのは、それだけの経験をかわれての仕事だからだと
私なりに解釈してる。
当たらずも遠からず、って感じじゃないかな。
そして若くても現場に行ってた人達は、志がきっちりあった人達なんだね。
こんな危険?な仕事は、よっぽど腹がすわってない限り難しいと思う。
あと、それなりの技術と経験。やっぱ経験が大きい気もする。

そうだった、ラブちゃんもテロに遭遇してるんだった。
記憶が曖昧になってきたので、ここらで再び記事にしてみないか?(苦笑)
2013年01月26日(Sat) 11:17












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。