今日もいいことありそう♪♪♪

電撃結婚した私の、異国(ココ)の地に根を張るぞ!第2章。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ 異国で暮らす、私のツブヤキTOP日々綴リ ≫ 異国で暮らす、私のツブヤキ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

異国で暮らす、私のツブヤキ

37才になる1ヶ月前から、アメリカで暮らし始めた。
途中、約2年、日本に引きかえったけど
結局は、再び、このアメリカの地で暮らしている。


結婚を機にアメリカ暮らしになったけど
世界を見たかった20代初期の頃の留学の時と
気持ちが全く違うものになったのは、自分でも意外だった。


あのまま日本に戻らず、アメリカに居ついてしまった方が
気持ちはとっても楽だった気がする。


転勤族の奥様達って、自分の意思以外の場所で暮らしてて
すごいな、そのバイタリティ!と感心。


自分の馴染みの場所ではない、
自分の意思で暮らしたい場所ではない場所で暮らす、って
思うより難しいし、
年齢が重なってくると、もっと難しくなるように感じる。


私はアメリカ人と結婚したくて、アメリカ人と結婚出来たのに
あんだけ好きだった、このシアトルの地で暮らしているのに


何なんだ、この愚痴の多さは?(^^;



まだ今年は終わっていないけれど、
今年の春の日本帰省後から、何か流れが変わって
自分の意識も変わって、
もうこの土地でやっていくしかないんだな、と
どこかで踏ん切りがついた時から
少しずつ、また何か、この土地で拓けていけている感じがしていた。



昨日、デパートのカードの住所変更をしたんだけど
カスタマー・サービスに電話しての変更だった。

電話、というのは、いつも難関で
もう、あらゆるメモを周りに置いて、わきの下に汗かきまくりで
必死に相手の言うことに耳を傾けて、、、、という感じだった。


自分の中で、とっても高い壁だった。


でも、何となく、その壁も少し低くなってる気がした。昨日。



赤信号で止まった時、フト

以前より、ここでの暮らしが、生きやすくなってると感じた。


ありがたいことだ。



時間、巡り合えている友達、プリンちゃんの健やかな成長、
そして、やっぱメインはソーダ君かな。


さ、今日もまた自分のテリトリー(心地良いと感じる空間)を広げるために
額に汗して、マーキング(犬のおしっ○と同じ。笑)ガムバリまっす。


つか、私に一番必要なのは、英単語力!


わかってんなら、やれょ、アタシ
スポンサーサイト

Comment

No title
編集
chocoさんへすごいといつも思います。
愛する人がいる場所が何処であろうが着いていく勇気。
愛の強さかな!

レオママなんかパパが転勤で海外に行くと言ったらたまには見にいくかもしれないけれど多分一人でここに居ると思うな。
海外に憧れてはいても住むのは耐えられないかも。
世界中色々な国で生活している日本人たくさんいるけれどやっぱりすごい決断していってるんでしょうね。
ある程度自分の思い出の地を捨てているわけだから・・・
移住した場所が日本より気に入ってる方もたくさんいるとは思いますが・・
2012年11月16日(Fri) 22:44
*コメントありがとぉ*
編集
★レオママさん

いやーーー、愛というよりねー、何だろうね?(^^;

私なんて、ホント、情けない限りなんですょねー(汗)
もともとアメリカにすっごい憧れがあって、好きで好きで来たくせに
いざ暮らしてみたら、え?やっぱ日本がいい、みたいな(笑)
住めば都って、簡単に言うけど、都にするまでの汗は
みんな語らないものね。

結婚して、プリンちゃんが生まれても、
自分の中では、まだまだ迷いがあって、
遠距離結婚でもいいから、自分とプリンちゃんだけ
日本に戻ろうかな、とずっと考えてたんですょ。
ソーダ君は、もう日本(外国)には住めない人だ、とわかったので。
でも、今年の春の帰省後から、こっちに馴染む努力を泣く泣く始めた次第です。
2012年11月17日(Sat) 07:13












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。