今日もいいことありそう♪♪♪

電撃結婚した私の、異国(ココ)の地に根を張るぞ!第2章。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ この夏、ぐんぐん成長した娘TOPコドモ ≫ この夏、ぐんぐん成長した娘

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

この夏、ぐんぐん成長した娘

火曜日の朝でございます。
アメリカ、昨日の月曜日が祝日だったため
夏休み最後の3連休でございました。

何とシアトル!
土曜日の時点で、連続晴れ日41日と
歴代記録(51日だったかな?)に迫る勢い。

この夏休み最後の連休も、カラッと良く晴れて
大変気持ちが良かったです。


さて、わたくし共は、この連休中に
ソーダ君の叔母さんの家に遊びに行ってました。

実は、この夏、2回目の訪問。


叔母の家は、シアトルからカーフェリーに乗って行きます。


 
これは1回目の写真。曇っております。     フェリーの中の様子。


この叔母に会うのは、私達の結婚式以来の7年ぶりくらい。
プリンちゃんにとっては、初めて会う叔母さんでした。

でも、この夏2回続けて行ったせいか、
2回目の訪問時にはプリンちゃんもとっても打ち解けて
叔母さん、叔母さん、とよくなついてました。


叔母さん、料理上手でファミリーでは有名で
私もいくつかレシピを頂戴してきましたゎ♪
私が上手に作れるかどうかは、別として(笑)


  ソーダ君の曾おばあさんだそうです。

古いファミリーの写真を眺めたり・・
     
今でこそアメリカと日本なんて文化的に大差ないけど
親の子供の頃の話とかを聞くと
ソーダ君パパと私が親達から聞いていた話には
随分格差があります。




ジャングルのような庭。
ここを降りて行くとビーチに出ます。



  

ビーチの様子。
今回、電池切れで太陽いっぱいの写真が撮れず。。
前回の写真なので曇っておりますが・・・

朝食後、ソーダ君、プリンちゃん、叔母さんと犬とで
このビーチをゆっくり散策。

貝を拾ったり、キレイな石を見つけたり・・・



ここでとっても感動したことがありました。


長くなるので端折ります。




*************************

叔母の家では、前回、客間のクィーンベッドに
私とプリンちゃんとで寝たんです。

そして、隣の別室に、シングルベッドを作ってもらって
そこでソーダ君が寝ました。


ところが今回っ!

プリンちゃんが、その別室で一人で寝る、と言うんですょっ!!
(前回もそう言ったけど、結局ダメだった)


叔母の普段のテリトリーから外れたその部屋は、
夜一人でいるだけでも不気味な感じがしました・・・
私は、あの部屋では一人では寝れない・・(^^;


私は、物心ついてからお化けがとにかく怖くて
一人で寝ることなんて出来ませんでしたっ!
4才当時は、同居していたおばあちゃんと
一緒に寝ていた記憶があります。
暗くなってからは、怖くて一人で2階の部屋にすら行けませんでした。


プリンちゃん。
4才になる前々日から一人で寝れるようになりましたが
それはお家での出来事で、よそのお宅ではやっぱりママと寝てたんです。

前回、この叔母の家を訪ねた時(7月)はできなかったのに、
今回一人で、その部屋で寝る、というので
あーー、夜中にママ~、って泣いて起きてくるパターンかなぁ・・と思ってました。



ところがっ!!!


この娘、朝まで一人で寝ましたょ~。(号泣)



つか、明け方に一回起きた。
でも、それは、「水を飲みたい」と言って
一人でキッチンに行こうとしてドアがなかなか開かず
それで私が目覚めただけのことで
部屋に持ってきてあった水を飲ませると
また別室に戻っていくではありませんかっ!!


長くなりますが、ここでとってもいじらしいと
一人心の中で感動の涙を流したことが・・

アメリカのお宅は、基本、家の中土足。
でも、我が家は日本式で靴を脱いでおります。
なので、プリンちゃん、家の中では靴を脱ぎたい。
でも、アメリカのお宅で靴を脱いで歩き回ると
裸足で外を歩いているのと一緒。

それがイヤで、スリッパ代わりに
ビーサンを家の中では履くようにしていました。

プリンちゃんにもそうしてもらうように
常に言っていたんです。
(それでもビーサンをはく時とはかない時がある)


明け方なんて、一番眠い時に起きて
お水飲みたい一心で、裸足で歩いても良さそうなのに
その時プリンちゃん、ちゃーーーんとビーサンはいてくれてて
それを見た時、もうただただ、そのいじらしさに感動しました。


母、号泣ーっ、っす。(T_T)


そして、水を飲み終わると、また別室に戻っていきました。
一人で。


夏生まれのプリンちゃんなので、余計感じるのかもしれませんが
よそのお宅でも一人で寝れる、というのは
私の方が感動ですぅぅぅぅ。

しかも、ビーサンをはくとか、はかない、とかは
全くもって私の好みの問題で、別にはこうがはくまいが
基本は関係ない気がするのに、
私がイヤだから、という理由で
子供にもそれを押し付けるのはどうかな?とも思うけど
(でもやっぱ、汚い足で家の中歩いて欲しくないし、
 その後掃除するのこっちだし・・・f^^;)
そうゆう私の好みを守ってくれる、というだけで
じわっと感動です。


ホントにこの夏で、背もすごく伸びてるように感じるし
表情も大人びてきて、ぐんぐん成長してます、我が娘。

プリンちゃん、いつもありがとうね~。
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。