今日もいいことありそう♪♪♪

電撃結婚した私の、異国(ココ)の地に根を張るぞ!第2章。
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ 【絆】の鐘。天まで届け ★復興祈願★TOP日々綴リ ≫ 【絆】の鐘。天まで届け ★復興祈願★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

【絆】の鐘。天まで届け ★復興祈願★

イトコがこんな写真を送ってくれました。


    



叔父の家は、宮城県の片田舎にあって
そこで小さな会社を経営しています。


かれこれ10年くらい前から私の影響で(笑)
クリスマスにお家をライトアップすることから始まり
今では家どころか、会社の従業員、
嫁に行った娘たちやその婿まで借り出され
全長50m以上あるような、それはそれは立派な
イルミネーションを毎年テーマを作って飾り始め
去年は、地元のローカルなTV局が取材に来ていたほど。

本当に何もない所に、いきなりディズニーランドのような照明で
私も2年前に初めて見ましたが、これはかなりのものでした。

そして、クリスマス当日には、見に来た人達に
気持ちばかりのプレゼントも配るらしく
ちょっとした観光名所となっているみたいで(笑)


今年の文字は、『絆』だそうですね。
なので、その『絆』をライトで作り
写真をよく見てもらうとわかるのですが、その隣には鐘があるんです。

復興を祈願しての鐘をついてもらう、というテーマみたいです。


3月の大震災では、叔父の隣町が津波でもっていかれ
叔父の会社の従業員の一人も、母親と家が津波で。


叔父は、数年前に心臓発作で大手術を経験し
今でも薬が手放せない状態。

自分の家も地域も、地震で何日も電気や水が出なかった。

けれど、自家発電を使って、毎日米を炊き、
にぎり飯を作って、隣近所からのありったけの毛布を持って、
本来なら40分もあれば到着する隣町まで半日かけて行って
車を降り、にぎり飯と毛布を抱え、一山歩いて超えて
その従業員が暮らす町に救助の手が入るまで
食料と毛布を毎日毎日、丸1日かけて届けた、

という話を涙ながらに聞いたことを
この『絆』の写真を見て、スーッと思い出され
何かまた泣けてきました。


祈りは届くと信じます。


昔、スピリチュアルの本を多数翻訳されている方がおっしゃってました。


一人の人間の心が開くと、全く関係のない
地球のあちら側に住んでいる人にも影響がいって
その人の心も開くシステムになっている、と。


ならば。


それが祈りであっても、それがしぼむことはなく、
必ずどこかに到達する。
それが天ならば、そこに通じるんだ、と。


復興の鐘を勢いよく鳴らして
士気高々と新年、2012年を迎えたいです。

がんばろうニッポン。
がんばろう、私の国。


私はがんばるぞ!
スポンサーサイト

Comment

編集
恥ずかしい話、被災地に住む方の頑張りを見て
あー、自分らも何かしなくては!!って勇気付けられた今回の震災って感じだったかな・・
励まさなきゃいけない側が、励まされたような・・
叔父さんの話も、本当に言葉が出ないような想いになったよね。。。

アメリカで・・津波の映像を見た?
日本でテレビで流れてる映像は車や瓦礫しか見えてないけど、あれ全て人間を編集して消して放映してるんだよね・・だからテレビは現実じゃない。
もっともっと、津波の恐怖はこんなもんじゃなかったはずなんだよね・・・
なんか言葉がないよ・・

最近ちょっとね、スピ系の本をまた読みたい気分なの。
以前読んだのでもいいし、また新しいのでいいのあったら教えてね。
chocoチャンが自分の為の本を毎晩少しだけ読む時間を作ってるってどこかに書いてあったでしょ。
沢山読もうと思うと時間がないって思うから諦めてたけど、少しでもいいからって思いで来年はまた手をつけていこうと思うだよ♪

えっと・・これ、最後の更新じゃないよね?(笑)
また来るねー
2011年12月30日(Fri) 22:47
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011年12月30日(Fri) 22:52
震災の辛さ
編集
私の知り合いの隣の家がやはりすごいイルミネーションを飾っているところがあり毎年1時間以上かけて見に行っていたのですが今年は中止と言う事で残念ですが仕方ないと諦めました。
200坪くらいあるお庭の隅から大きなお宅の屋根全部と本当にすばらしい飾りでした。
建築家のお宅で旦那様がなくなり奥様が社長をついで、やはり従業員をつかい10月頃から準備していたらしいです。
奥様は小さな子が見にくるとやはりお菓子を配っておられましたね。

この地震の凄さは語りつくせないですね。
毎日のように特集がくまれ今日も何時間も放送していましたが津波に流される瞬間までも映像が流れていました。なんとも言いようのない恐怖で息苦しくなりました。でも見て記憶に残しておく事も大事だと思いしっかりとみていました。
ちょこさんのおじさんは立派な方ですね。
胸が一杯になってしまいました。
2011年12月31日(Sat) 01:44
編集
すてきな灯りと鐘ですね。
おじさまの行動に頭が下がります。
身体大変なのに、
一人の力が大きな力になるのですね。

本当に今年はいろいろと考えることの年になりました。
来年にむけて私も
がんばろーと思います。chocoちゃんも
良いお年をお迎えくださいね~(^_^)/
2011年12月31日(Sat) 12:57
*コメントありがとぉ*
編集
★ラブちゃん

げげげ!
映像から人間消してるの?ホント??
知らなかったょ(滝汗)
こっちでは結局日本のYOUTUBEとか使うから
見てる映像とかは一緒だと思うけど・・・

結局さ、『生きる』ってことなんだょね。
何かそう思う。
現地の人達が頑張ってるんじゃなくて
生きてる、んだょね。
ただそれが、今まであったものがある所で暮らしてるか、今まであったものが突如として、自分以外の力で奪われたけれど、でも、それでも”生きて”るんだと思うゎ。
だから私は今は離れた場所で暮らしてるけど
ここで生きないと、って感じ。

姉さん、2才児がいるのに本読みたいとか、すごいょ。
そうなんだょね、結局長時間とろうとするから
時間がない、ってことになるけど
細切れの時間って結構あったりするね。
私もそれに気付いてからは、特に掃除を細切れでするようになった。

スピ系の本ってさ、特に最近のは自己啓発とだぶってるから、さくっとすぐに読めるし、コラムみたいなタイプのが多くない?
それに、スピ系は長時間読めないっしょ、理解するのに反芻するし(笑)
だから、細切れで読むのにちょうどいいって感じ。
1日1ページでも数行でも、そこの文字から何かしら感じるものを感じながら、それと共に一日を過ごす、みたいな過ごし方が出来るんじゃないかな。

そのうち私が読んでて、これは新年にやるぞ~、ってのを紹介するょ♪


★レオママさん

自粛、ってことで今年はイルミネーションやらないんですかねぇ。。
クリスマスの光は、義理ママが言うには
この暗い寒い時期に心に光を灯す、といういわれがある、と言っていたので
そうゆう意味でも是非今年こそやっていただきたかったかもですね。

私もレオママさんと同感で、悲惨なことから目をそむけてはいけないと思う方です。
だから、私もちゃんと色々見ようと。
見て知ることだって大事だと思います。
後世に自分の見聞きしたことを伝えられるし。

叔父は、自分がするべきことをやったまでだと思います。
そうゆう父(私の祖父の教え)の元育ったので
自然にそうゆう行為にもなったろうし
叔父だけではなく、隣近所の人達、女達がせっせとにぎり飯(おにぎりではなく)を作ったのだって
色んな人達の思いを背負って叔父は山を越えていただろうとは思います。一人の力ではないはずです。


★shimacchiさん

いつもの叔父とは違う面を私も見れました。
まさか、ってことをやっていて
あの叔父が、という感じで改めて叔父を見れました。
やっぱ商売やってる、って強いなと思います。
ガソリンだって手に入らない時期
色々手をつくして確保してもらえてたんだし。
スキーに釣りに競馬に、車でどこにでも遠出する人なんだけど、こんな時にその地理感覚が生きて
寸断された道路を回避して裏道裏道で走ったそうです。

日本はいよいよ大晦日の晩ですね~。
ホント、ゆく年、くる年見たいです~(笑)
来年もヨロシクお願いしまーす。
2011年12月31日(Sat) 17:42












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。