今日もいいことありそう♪♪♪

電撃結婚した私の、異国(ココ)の地に根を張るぞ!第2章。
2016年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2016年04月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年03月
ARCHIVE ≫ 2016年03月
      

≪ 前月 |  2016年03月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

シアトルにも響いた『花は咲く』

3月13日、春の嵐が吹き荒れ
あちこちで木は倒れ、道がふさがれたところが出たり
ほうぼうで停電が発生する中
シアトルでも(正確にはシアトルの郊外ですが)
3.11の東日本大震災の為のコンサートが開かれました。

そのコンサートへ私も出かけましたが
何と、コンサートが始まる前に停電発生!
ところが、誰一人帰る人もなく、パニックにもならず
皆がコンサート会場へ集まり
恐らく限られた自家発電を使って
限られた音響を使ってのコンサートとなりました。
ちなみに、トイレは真っ暗でした!(当たり前だけど。苦笑)

     

私達も、プリンちゃん、ソーダ君は勿論
義理パパ、義理ママも呼んでのぞみました。
お国の一大事イベントですしね。

正直、こうやって集ったり、勿論募金をしたりもしますが
具体的にこうゆう行為が、東北の人達の『今』に
どうつながるのかわからないですが。

これだけではないけど、こうゆうシチュエーションの時に思うのは
やはり、自分は自分の人生をちゃんと生きないと!
ということですね。

ボランティアの方々、魂にふれる歌声を聴かせていただいた方々
停電の中、本当にお疲れ様でした。
このイベントが、何か意義のあることに
つながっている、つながっていくことを願いつつ。 
スポンサーサイト

私が見た、女川

今日は、東日本大震災が起こった日です。
ネットニュースで、またさまざまな記事を読み
その中に、いまだ仮設住宅で暮らす人達のことが
書いてありました。
阪神淡路大震災の時は、震災から5年後には
仮設住宅がなくなっていたという話しですが
今回の東北はなかなかそうもいかないようで
私が2013年に訪れた、宮城県女川は
最長、19年度まで仮設住宅が続くらしい。

プレハブ仮設は居住性が悪く、建築基準法は入居期間を原則2年と定めるが、1年ごとに延長が重ねられてきた。入居者が全員退去する時期の見通しを聞くと、最長の19年度と回答したのは岩手県山田町、大槌町、宮城県石巻市、女川町。


2013年の時の写真を置いておきます。
全て、女川です。

064_20160311163554ff5.jpg



065_20160311163553a52.jpg





066_20160311163554d34.jpg


070_201603111635531ac.jpg


077_2016031116355360e.jpg


078_2016031116355244d.jpg

青いエアメイル

今日、素敵なことがありました。

朝から気合いの入った雨でした。
お使いに行かなきゃ、行かなきゃと思いつつ
家で小さなこまごまとしたことをやっている時

ドン!ドン!ドン!

と、けたたましく玄関のドアをノックする音が。

ソーダの野郎、また何か注文したのか、と思いつつ
玄関を開けると、郵便局の人が立っており
明らかに、日本からの小包と思われるものを持っている
ように見え、ドキドキしながらサインをし受け取りました。

宛先にしっかりと私の名前が書いてあり
差出人のところには、思ってもいない人の名前が!

彼女とは、ラインで毎日おしゃべりをして
(だからブログの更新頻度が減った、とも言う。笑)
バカ話しをする仲だったんですが
小包を送ったなんて、ひとっことも聞いてなかった。

思いがけない、その小包を雨の中受け取り
彼女の書く美しい懐かしい文字を見ていたら

これってまるで、ユーミンの
『青いエアメイル』の世界じゃない!

と、ジーーーーンとしてしまいました(笑)

荒井由実時代のものかと思ったら、
松任谷由実、と書いてあるので
松任谷さんになってからの曲みたいですね。

歌詞、こんなです。

♪ 青いエアメイルがポストに落ちたわ
 雨がしみぬうちに急いで取りにいくわ
 傘をほほでおさえ待ち切れず開くと
 癖のある文字が切なすぎて歩けない・・♪

続きが読みたい方は、こちらをどうぞ(笑) 続き 

比べることでわかること。

ソーダ君ファミリーとラインでグループを作って
たまにグループトークをしています。
本当に有難いツールな上に、便利な時代になりました。
ありがたゃ、ありがたゃ。

そんな中、ニュージーランドの地震から5年が経過
というニュースを読みましたので
ニュージーランドに引っ越した兄夫婦に
「地震から5年経ったんだね~!」とライン。

すると、義理姉から、
「そうなのょ!ここニュージーランドでは
 あの地震で、185人が亡くなって、そのうちの大半は・・」 
と続いた。

覚えているのは、ホームステイで日本人も多く亡くなったこと。
今、調べたら28人と出ていました(合掌)

その時フッと、じゃあ、東日本大震災では
一体何人亡くなったんだ?と。

あの当時、随分、未曽有とか、想定外とか、
そうゆう言葉ばかり毎日聞いていた気がしますが
津波、避難、避難所生活、なんて言葉もしょっちゅう
耳にしてましたけど、
じゃあ、一体何人亡くなったんだ?と思って調べたら

15894人の方が亡くなられていました。

これに、行方不明の方の、2562人を加えると
実に、18000人の方々の命が消えたことになるんですね。

実は、この数字、震災以来初めて目にしまして
どえらい驚きました!!!

その数字だけ見ると、わからない感覚が
何かと比べてみることで、実感として理解でき驚愕です。

あんまり興奮したので、ソーダ君にそれを伝えると
普段、感情をあまり外に出ないタイプの彼が本当に驚いて

「嘘だね!阪神淡路大震災でも、5000人だぜ!」
(注:正確には6434人)

嘘であって欲しいと願っている人は、今でもいるかもしれません。

あの時、私とプリンちゃんは日本にいて
2才のプリンちゃんは、初めて『じしん(地震)』
と言う言葉を覚えたんです。
私も、震度5弱というのを生まれて初めて経験し
次の瞬間に地面が裂けるかも!という恐怖を生体験。
その後の計画停電だの、品薄な為に
プリンちゃんのおむつを求めて、ママチャリ飛ばして
遠くの薬局に走ったこと。
父親がガソリンを入れるのに、ガス屋で出待ちならぬ
売り出しを列をなして並んで待ったこと。

里帰りを終え、シアトルに戻ってきた晩
家の窓から、遠くに見える煌々とつく
店のネオンサインを眺めながら

何て贅沢なことなんだろう!

と思ったのを覚えています。

これを当たり前と思ってはいけない!とも
思っていたのに、私も弱ぇぇなぁ。
チーン。




【東日本大震災】
警察庁は、2016年(平成28年)2月10日、者は15,894人、重軽傷者は6,152人、警察に届出があった行方不明者は2,562人であると発表している(ただし未確認情報を含む)[10]。日本国内で起きた自然災害で死者・行方不明者の合計が1万人を超えたのは戦後初めてであり[50]、大津波や大震動に襲われた青森県から千葉県までの太平洋沿岸を中心に、1都1道10県で死者・行方不明者が、また1都1道18県で負傷者が発生した[10]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。