今日もいいことありそう♪♪♪

電撃結婚した私の、異国(ココ)の地に根を張るぞ!第2章。
2013年12月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2014年02月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年01月
ARCHIVE ≫ 2014年01月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2014年01月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

キッチンの引き出し、ビフォア&アフター

コツコツとキッチン革命、推進しております。

理想は、キッチンカウンターから炊飯器をなくすこと!
その為には、引き出し、キャビネット内の整理&捨てが必須!

その第一弾という訳ではありませんが、
自分としては別に不便は全く感じていなかった
引き出しに着手してみました。

一気にビフォア&アフターの写真でいきたいと思います!


      ビフォア                アフター

くどいようですが、ビフォアの段階で
何ら不便も感じず、見た目も自分的にはおっけーでしたの。
でも、改めてアフターで見てみると。。。
すごいょね。(^^;

アフターでは、仕切り籠を利用しました。
その必要を全く感じていなかったけど(え?くどい?笑)
欲しいモノが、一瞬よりも早く見つかる&手に取れる、というのは
やっぱりいいものですねぇ。

ビフォアの段階では、探し物に数秒は費やしていたかもしれません。

籠に入れることで、高さも利用出来るため
用途別に籠入れ出来ることもメリットかもしれません。

違う棚も整理して、これだけ捨てるものが出ました~。
  
何と!あれだけ?苦労して手に入れたミルクガラスも入っております!
どなたか欲しい方いますか?(笑)

次なるターゲットは、こちらです(汗)

  ただ乗っかっております(滝汗)

引きで見ると、こんな感じ。

ほとんどが、ストック品です。
このストックをどう処置していくか、腕の見せ所です~(汗)

頭の中がパズルになってます、現在(笑)
スポンサーサイト

え?8才で生理ですか?!?

去年のすごく最後の方から、我が家で少しづつ起こっている
『食』の変化。

それは、去年暮れにママ友から聞いた、アメリカの食物に入っている
ホルモン剤の話し。

牛や他の家畜にホルモン剤を打って、太らせたり
乳をもっと出させたり(その必要もないのに)
そんなホルモン剤を打たれた牛や家畜の肉を人間が食べれば
必然的に、女子の場合生理が始まる年数が早くなったり
また、他の筋から乳がんになる確率が高まるとも聞きました。

生理の場合、始まりが昔は、11,12,13才平均だったのに対し
現在は、10才、9才、8才と下がってきている、と。
これは、人聞き情報なので正確なところはわかりませんが
まんざらウソでもないと、母の勘で感じました。

それから怖くて、普通の牛乳が飲めなくなり
倍の値段を出してオーガニックの牛乳を飲むようになりました。

その後、肉関係、野菜関係も出来るだけオーガニックに移行。
全てのものをオーガニックにすることは無理があるけど
自分が出来る範囲内で、自分達の、
特にこれから成長する子供の体を守っていかねば、と思いまして。

この1ヶ月だけで、牛乳代だけで7000円!
飲みすぎだろう、牛乳!
誰って、ソーダ君ですょ、一番飲んでるのはっ!

まぁ、一家の大黒柱なので、ソーダ君にも健康でいてもらわないとだけど
ブツブツブツ。

牛乳においては、むしろカルシウムを体外に排出させてしまうので
骨粗そう症になる可能性が高まる、とも違うトコで読んだりしたので
今後は、牛乳だけに頼るのではなく、ヨーグルトと豆乳も混ぜて
三本柱でいきたいと思います。

他には、農薬の影響を一番に受けるのが、セロリと聞いたので
セロリも今後は無農薬で買おうと思います。
ほうれん草もしかり。

自分がオーガニックに目覚めたせいなのか?たまたまなのか?
いつも行くスーパーで、オーガニック商品が多く出回るようになったので
わざわざ高級スーパーに行かなくても良いので助かります。

他にも、健康に関する本をママ友から教えてもらったので
今年は、『食』そのものの変化も今後あるかもしれません。
色んな意味で、今後が楽しみです~★^^

節約って貧乏なの?

そんな母を見て育った私は、(過去記事→コチラ
節約=貧乏というイメージがありました。

私自身、母親とは違う性質も持ち合わせていますし
まして生活環境が結婚してから全く異なってますので
(母=キャリア系、私=現在、専業主婦)
母をお手本にするには、危なすぎるでしょう(笑)

私の最初の節約の先生は、年の離れた姉でした。

姉は、とにかく節約のプロというか、気合いが入ってます。

まず、買い物はセールを逃さないのは当たり前だし
食料を買い物に行く時間も、夕方以降の値段が下がる時間に集中。
セールで来年着る子供達の洋服を調達し、
チューブなどの入れ物に入っているものが減ってきたら
チューブを切って、最後まで使い切る。

独身時代、このチューブを切って、中身を最後まで使い切る、という作業
恐ろしく貧乏チックに感じてましたけど、
今、その貧乏チックなことをワタクシが先頭に立って実践してますが(爆)

現在、その業は、主に私のトリートメント、シャンプー(容器によるけど)
BBクリーム、美容液系、ソーダ君の頭髪ジェルで大活躍です。

次の私の節約の先生は、意外にも、義理ママです。
あの人も、相当節約が体の細胞にまで浸み込んでいる感じ。

義理ママは、一緒に暮らしていたら恐らく窮屈感を感じるくらい
節約魂で生きておられますね、きっと。

今日作った料理は、それが終わるまで食べきる。

基本なんでしょうけど、難しいですょ、これするのね。
大抵、飽きますから。

料理を決める時は、冷蔵庫の中のものだけで作れるような物を作る。

これも私には難しいんですょね(汗)
料理の腕がないと、この業をこなすのは難しい(--;

欲しいものが家の中になかったら、他の物で代用する。

これは、究極じゃないでしょうか?(^^;
頭が柔軟なんでしょう、きっと。
まだまだワタクシには学びの境地です。

この節約心、断捨離にも通じてると思いませんか?
義理ママのお家、掃除はともかく、全てのモノが本当に片付いています!
そして、欲しいモノが欲しい時に、そこに、必ず、在る!
これは、素晴らしいですょっ!!!!!
モノが豊富にそろっているのに、圧迫感がない。

そして、義理ママも常にモノを減らす気持ちを持って暮らしておられます。
そして、実際、ちゃっちゃと減らしてセカンドハンドのお店に寄付、寄付。
そして、すぐに、やる!これは、すごいです。
アメリカの、
この広大な土地、広大なスペースで育った人とは思えないくらい!

私が実践している義理ママ術は、公告を使ったメモ用紙です。
公告メールとか、その他、裏が白い紙、勿体ないですょね。
それを切って、メモ用紙を作るんです。
きっと実践している方も多くおられると思いますが
ワタクシも、これはずっと実践しています。
使い切ってからリサイクルする。気持ちがいいです!

そして、先日、「あ~、ついに自分もこの域にきたか・・」と思ったのが。

ケチャップ・・・(これも義理ママ術)

主に我が家は、マッ○でもらった余分なケチャップ。
何となく冷蔵庫に入れてあったんですが
それを、なくなりかけたケチャップの容器に移し替えました!
実に、2/3の量がありましたょっ!!(驚)

これを、ケチャップを買うことを拒否し
マッ○でもらうケチャップだけで過ごそうとしたら
これは心も貧乏な感じしますけど
たまたま余分にあるものを、有効に使うだけのことなんだょね、きっと。

以前だったら貧乏行為と思っていたことを
現在の自分がやっていることに、我ながら受けますゎ(笑)

我が母の節約と断捨離

周りから学ぶ節約心について書きたいな~、と
それについてぼんやり考えている時、
フト、母に焦点があたった。

ワタクシの母は、節約ということとは無縁で暮らしている。

セールに目の色を変えたところを一度も見たことがない。
その上、すごい!と思うけど、衝動買いってしたことないのでは?
と思うほど、衝動買いもしない。

必要な物を買う。
それが定価だろうが、セール値だろうが構わない。
ウィンドーショッピングもしない。
見栄もはらない。
ブランドにも興味がない。
着飾ることもしない。

基本、必要なものを必要な時に買う。
その姿は、金に糸目はつけない、と言った感じ。

ある意味、すごい。

断捨離においては、
断捨離が流行る前から断捨離的マインドで暮らしている。

それが唯一の趣味、と自分で言っていたが
とにかく模様替えが好きだった母。
そのたびに、整理されていくモノ達。

一番驚愕だったのは、まだメールがここまで普及しておらず
手紙が幅をきかせていた時代、かれこれ20年近く前?
母宛に来た手紙、読んだその直後にゴミ箱に捨てた。

これには、さすがに私も度肝を抜かれたというか、
せめて2-3日、手元にとどめておいても良さそうなものじゃない?
何で捨てるのか聞くと、

「内容わかった」

えええええええええ??????
手紙だよ~?
お知らせ、とかじゃないんだよ~???

そこに心情とか、ぬくもりとか、そうゆうの感じないんか???

でも逆に、そんな母の潔さがまぶしくもあった。

母は、服もほぼ持っていない。
各シーズンごとに3着から4着、セットで購入し
シーズンが終わると全て捨て、また新しいセットを購入する。
何年も同じものを着ているのを見たことがない。

どこかにお呼ばれしても、服で悩むことがない。
何故って、悩むくらい持っていない。
装飾品もつけない。

この潔さ、私も受け継いでるはず?
え?これって血の中には含まれていないんだろうか・・?(^^;

だからと言って、実家が小奇麗に片付いているかと言えば
毎日毎日、掃除をするのできれいはきれいであるが
自分(母)以外が持ち込んだ物が大量にしまわれている。

そして、キッチンにおいては、その昔祖母が使っていた物まで
恐らく残っている気がする。

断捨離と一口に言っても、得意分野、不得意分野が存在するのかもね。
次に実家に帰ったら、実家断捨離、気合い入れてやろうと思っております。
って、その前にお前ん家何とかしろょ、って話しですね。はぃ(笑)

アメリカdeスキ焼キ

早いもので、2014年が明けてから
早くも3週間が経過。

って、何度も言うようですが、早っ!

またもや、事が風化する前にギリギリ書いておきます。

今年のお正月。
それまで洋食続き、加えてベーキングに次ぐベーキングで
少々日本の食べ物が恋しくなっていたので
ちょうどいいから、お正月はすき焼きをしよう!と
ソーダ君と決定。

今年も大晦日からソーダ君パパの家で過ごすことになっていたので
日系スーパーですき焼きの食料を調達。
具材を全て持って、大晦日の晩、ソーダ君パパの家に到着した
はずでした。


ぐゎっ!!!


ここで、やってしまった!(ノ_<)

割り下用に使おうと思っていた、追い鰹ツユ、
生で食べれる卵、そして、そして!

肝心の薄切り肉!

を、まんまと家に忘れてくる、という失態をおかしてしまった!

追い鰹ツユは何とかなるからいいにしても
生で食べれる卵に、薄切り肉がなかったら
すき焼きにならぬぅぅぅぅ!!!!

補足しますが、アメリカでは卵は通常生で食べられません。
食べない習慣があるのもそうですが、
卵自体殺菌されていないのが普通のようで
生で食べて亡くなる方もいるそうなんですょ。

ところが近年、殺菌された卵が出回るようになったらしく
その卵だったら、生でもOK!
通常卵の倍額しますが、生卵にはかえられねぇ(笑)
その卵をわざわざ買って用意していたのに、家に忘れました。

加えて、この薄切り肉
アメリカの肉屋さんで、「紙くらい薄く切って!」
と頼んだ所で、この日本の薄さは出ないんですょね。
なので、ホントの薄切り肉を求めるなら日系スーパーで買うんです。

それも、まんまと忘れてきたという・・・

冷蔵庫でなえていく春菊・・・

そして、もう絶対今晩、すき焼きを食べよう!ということになり
ソーダ君パパ、義理ママ、ソーダ君で手分けして
殺菌してる卵、薄切り肉を調達。

ところが、ソーダ君のお家がカントリーなため
そんな卵、どこにも売ってない(T_T)
周辺の少し大きな街に行っても、売ってない(号泣)

そして肉は、わざわざ遠くの肉屋まで行って
紙くらい薄い肉!と言って切ってもらったけど
何ちゃって肉にしかならなかった(涙)

でも、家族の応援があって実現しました!
アメリカdeスキヤキ。

        

ソーダ君パパの家に行く前に、わざわざスキヤキのリンク送ってたし
皆楽しみにしてくれていたので、実現出来てホッとしました(笑)

すき焼きが、こんなに大変な料理だったとはね!(爆)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。