今日もいいことありそう♪♪♪

電撃結婚した私の、異国(ココ)の地に根を張るぞ!第2章。
2013年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2013年05月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年04月
ARCHIVE ≫ 2013年04月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2013年04月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

子供と行けるカフェ・レストラン・居酒屋

この1ヶ月ちょいの日本滞在で、
以前から利用していたものもありますが
今回新たに試してみたものもあるので
一つにまとめてみます。

子供と一緒に行けるカフェ、レストラン、居酒屋です。
場所は、新宿、さいたま新都心(埼玉県)です。


まず、うちらの定番、新宿小田急デパート屋上の
『カフェ プランツ』

ここは、基本すべり台が一つあるだけですが
子供が走り回れるスペースがあって
お弁当持参の家族連れもいますが
ランチ、軽食がとれるカフェもあり
子連れには、開放的な空間ですね。

同じフロア(店内)には、授乳室や子供用トイレも完備されているので
そうゆう意味でも安心でしょう。


今回、初利用したのが、同じ新宿の高島屋9階にある
『Cafe  Tabatha』

こちらの売りは、キッズサイズの食べ物なのでしょうか。
周りが全員子供連れなので、他の人達にそれほど気を使わずに済む
ようなところも、ポイントなのかもしれませんが、
私は、もっとキッズが遊べるスペースがあったり
そうゆうものを期待していたために、期待はずれ的でした。


同じく新宿。
偶然に見つけた、キッズフレンドリーな居酒屋。

『五大陸 新宿西口店』

新宿は、いつも東側で遊ぶことがほとんどで
西口は、さほど行ってませんでしたが
たまたま見つけたこの居酒屋は、駅近。
(南口から子供の足で5分くらい)

感動したのが、たまたまお店が暇だったのか
スタッフの子供に対する態度が温かいこと。
キッズ用プレートがあることにも感動したけど、
そこにはお菓子とゼリーが乗っていて、またまた感動。

そして、個室です。

完全仕切りではないけど、完全に自分達の空間なので
これまた気が楽ですね。

たまたまなのか?ですが、座敷ではなく、テーブル席でした。



埼玉県のさいたま新都心駅にも遊びに行きました。

駅前のイトーヨーカ堂の中にある、『coccolo(コッコロ)』
というカフェ・レストラン。

これまたウェブサイトの方が断然美しく広い写真で
実際は、しょぼい感じではありましたが
授乳室があったり、ボールプールがあったりして
子供達が飽きないうちに食事が出来、おしゃべりも出来そう
と言った感じ。

ここで感動したのは、カフェイン抜きのコーヒーがあったことです。
妊婦さんとか、カフェイン気になるものね~。


日本に住んでいれば、この手の情報はもっと増えるのでしょうが
駆け足で巡る1ヶ月ですが、新しいトコも試せたり
自分的には満足です。
スポンサーサイト

正しい間違い

ここんとこ、プリンちゃんの日本のお友達と
公園に行ったり楽しく過ごしていました。

プリンちゃんは、実家の近所に
1才年上の女の子のお友達、
同じ年の男の子のお友達がいます。

他にも、お姉さん、お兄さんの知り合いもいるけど
実際遊ぶのは、この二人。


生後3ヶ月から、この実家界隈で生活したので
その頃から何となく顔見知りになって
そのままお友達になってくれた二人。

ママ同士も、お互い全く知らなかったのに
子供の月齢が近い、というだけで、
ママ同士の年齢を超えて、一気に親近感が湧き
乳飲み子時代は、途中、道端ですれ違うたびに
お互いを激励し、再びそれぞれの手探りの子育てに
戻っていくような時間を過ごしました。

その道でのすれ違いが、どれほど心強かったか!


今では、子供達も大きくなって
本当にラクになったね、と笑いながら言い合える。
それぞれ、第二子が誕生していたり
夏に出産を控えていたり。

私よりもはるかに若いママ達との交流
私も心から楽しめることに感謝です。


そんな中、プリンちゃんと同じ年の男の子が
プリンちゃんと同じ日本語の言い間違いをすることが発覚。

私は、それは外国に住んでいるために起こることだと
思い込んでいましたので

日本に住んでいる、日本の子でも同じように間違えてるなんて

プリンちゃんが、言語習得の王道を歩んでいるんだとわかり

とってもホッとしました。


他にも、10才の子供を持つ友達と会った時
文字を書く前段階があることを教わり
今、まさにプリンちゃんが書く謎文字こそ
その前段階の作業だった!と知りました。

同じくらいの年齢の子供達は、もう文字も書けたりするのに
プリンちゃんは、やっと自分の名前を書けるくらい。

自分の子は天才だと思ってますが、内心

「コイツ、頭弱いのか?」

と不安になることも多々ありましたが、

先輩ママや、同学年ママとの交流で
プリンちゃんが、彼女なりの速度で
しっかりと歩みを進めているらしいことがわかり
その収穫は、母にとって大きなものでした。


やっぱママ友って大事ょね~!(笑)


プリンちゃんにとっても、母にとっても
お友達の存在は、とっても大きいです。

ホント、ありがたいことですっ!!!

初めての観覧車

いつもブログでかわいらしいお顔を拝見していました。
ブロ友のレオママさんのトコのお孫ちゃんです。
プリンちゃんと同じ4才だということで
勝手に親近感を抱いていたワタクシ・・・


次、日本に帰ることがあったら
是非、生お孫ちゃんとプリンちゃんのコラボが見たい!

そんな我がままな願いを
優しい、優しい、レオママさんが叶えてくれましたっ!!!


しかも、子供達が楽しいようにと、動物園デートを提案してくださり
私も行ったことのない動物園で、子供じゃなくて

アタシがテンション上がる、っつーの(笑)


実は、この動物園、遊園地も同じ園内にあって
遊園地でも遊ぶことが出来ました。


この数日前、たまたまプリンちゃんとこれもやったね、
あれもやったね、という話をしていて

「そう言えば、まだプリンちゃんと観覧車に乗ったことないね。
 今度、一緒に乗ろうね♪」

って、言ってたんです。


それが、数日後に、この動物園デートで叶うことになり
母は、どれだけ嬉しかったか!


一番のメインの、レオママさんの孫ちゃんとプリンちゃんのコラボ。

お孫ちゃんが照れている感じで、
なかなかこの二人のツーショットが見れなかったのですが
この観覧車に一緒に乗ったことで二人の距離が一気に縮まり
その後、手をつないで園内を走り回る姿に

母はひたすら感動ーーーーっ


これ、動物園に行ったとか、観覧車に乗ったとか書いてますが
何と!
全てレオママさんからのプレゼント!

オールごちでしたっ!!!


加えて、プリンちゃんに
かわいいプリキュアグッズのプレゼントまでいただき
こんなに甘えてばかりでいいんでしょうかっ!

何から何まで、本当にありがとうございましたっ!!!



早速、レオママさんがこの日のことを記事にしてくれてます。
プリンちゃんとお孫ちゃんのコラボ写真も見れますょ♪
お時間のある方は、寄り道して行って下さい。(^^)
コチラ

実家断捨離、タンス捨てました

コツコツをあき時間を使って行っている
実家断捨離。


先日、ようやく念頭からの目標であった

タンス、キャビネットを捨てる

を成就いたしました!!!


便利屋を頼まなければ、2階から下ろせないのでは?

と懸念していたキャビネット(すごく重かった)も
バラバラに分解する、ということを思いついてから
丁寧にネジを取り、最後は父親の力を借り分解。


タンスも、2階の窓全開にしてロープでつるし
外から、半ば投げ捨てるような形で下に下ろし

それでも、ずっと心に重かった物2点、

無事に粗大ゴミとして、市に持って行ってもらえました



この2点は、ホントに気持ちがスッキリ。



実家だけあって、過去の歴史がずっと続いているので
余計なものが本当に多く、
我が実家は、歴代他人様と住む歴史があったり
イトコ2人がそれぞれ3年から7年、同居したりで
その都度家具も増えていってましたので
このタンスとキャビネットは、特にいらないもの、
の象徴でしたので、片付いて気持ちがスーーッキリ


今回の実家断捨離の真意は、
私なりに年老いていく親の、身辺整理、を意識しました。

老人というには、まだまだ若いですが
何せ遠く離れて暮らしているため、なかなか会えない。
会うごとに、体力の衰えだの、何か嬉しくない変化を感じます。


近い未来ではないものの、そのうち体が動かなくなると
片付けもしたくても出来なくなる、という類のことを
耳にしたりすると、さんざん世話になった実家。

自分の荷物くらい片付けておかないと、という気持ちになりました。



なので、実家そのものまで手はつけられませんが
自分達が持ち込んだ不用品は、せめてキレイにしたい。



タンスを捨ててから、脱衣所の整理を何気なく始めたら
思った以上にゴミが出ましたが、とてもスッキリ。

というか、日々のゴミ捨ての量がハンパなく増えました(笑)



来週、大阪の親友が私を訪ねに来てくれるので
彼女が寝る部屋を整理整頓しておくのが、
今現在の課題ですね、今度は。

それが済めば、一応今回の実家断捨離は終了。



次回の里帰りの時に、実家そのものの大物をやっつけたいです。
いつになるかな~?

キャラ弁?無理、無理!(><)

プリンちゃんの日本での保育園、
ランチはお弁当持参なんですゎ。

つか、いつも12時にお迎えなのに
12時はすでに弁当食べ終わってる、ってさ。
何時に昼食べんだょ・・(^^;

11時半に迎えに行った時も、すでに弁当食べ終えてたし・・


ま、そんなことはいいんですが、この弁当作り。

これが面倒でねーーーーーーーーー(><)



張り切ってキャラ弁とか作る人、尊敬しますょっ。

アタシ?

作ろうと思ったって、作れないから(^^;



保育園初日、お弁当食べて帰るのか、食べずに帰るのか?
そこんとこハッキリしなかったんですゎ。

でも、万が一弁当だったらお腹空いちゃうなー、って思って
スティックパンを持参させようとしたら、
プリンちゃんが弁当箱に入れて持って行きたい、というので
スティックパンを二つに手で折って
それをそのまま弁当箱の中に入れたのを持たせました。


その日、その弁当を食べてからの帰宅となったんですが

いやーーー、きっとどの先生も

そんな弁当見たことない、

って話題になったと容易に想像がつきまして

けっこーー、親的に恥ずかしかったんですけど


アタシに何をしろ、と?(←開き直り。自爆)



それを聞いた私の年の離れた姉が、



プリンちゃんを 不憫に思った



らしくて、それ以降、お弁当を作ってくれるようになりました(^^;



それでも、おととい、冷凍食品をしこたま仕入れたので
明日は頑張って、レンジでチンして弁当箱に詰めようと思います。


もうGWはあるし、北の大地に戻る日も刻、一刻と迫ってきているため
保育園自体、そんなに通えないのですが
折角お友達も出来たようで、楽しそうに通っているので
母も頑張りますゎ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。