今日もいいことありそう♪♪♪

電撃結婚した私の、異国(ココ)の地に根を張るぞ!第2章。
2012年12月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2013年02月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年01月
ARCHIVE ≫ 2013年01月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2013年01月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ノロウィルス・・・のようなもの。

いやぁ・・・
プリンちゃんの体調が、かんばしくありません。

というか、もう峠は超えているらしいので
かんばしくありませんでした、と過去形かな。


珍しく”頭が痛い”のを伴う、発熱(38℃)が3日続き
その間、お下痢ちゃんだった訳ですが
熱も出ればゆるくもなるだろー、くらいに思ってたんですが。


熱も下がったし、外に遊びにも行きたいらしいので
普通に過ごした月曜日。

夕方、まだお友達と遊んでいるのに珍しく自分から

「お家に帰る」

と言い出して、変なのー、くらいに思ってたんですが。


どうやら体調が悪かった模様で・・・(^^;
気付けょ、母親!って感じなんですけど(汗)



すると、その日の晩、お休みをしてベッドに入って
5分もしないうちに部屋から

「ママーっ、ゲロ吐いたーーーー」と。



むむ!これは何事!とドアを開けると同時に
第二回目のドバーッが。



お、お、お、お、お。



それから洗面所に連れて行ったり
パジャマから全て着替えなおし。
シーツ、枕カバー、布団カバー、
ベッドの下につけるベッドスカート、毛布、
ありとあらゆるものをはがして、ブツがついてる場所を洗って洗濯機へ。


ぐったりしていた原因は、これか?と思いながら。


熱はないし、とりあえず眠いというので寝せましたが
翌日。


朝からぐったりしている。
熱はなし。
でも、いつもの元気一杯な子供ではないし
頭が痛い、というので気になって病院に電話しましたが
急な予約が取れない、ということで
仕方ないから救急で病院に連れて行きました。


歩けないからおんぶしてくれ、とか
もうホントに普段と全く違うので
雨の中おんぶして車に乗せ、病院の駐車場からも
おんぶして傘さして歩きました。


そんなんだったのに。


病院に着くと、急に元気になりやがった。


お前、今までのは演技かぁ?!と思ってしまうほど・・・(--;



とにかく、待って待って、
やっと小児科の先生が来てくれて診察受けると


風邪の兆候が全くない(喉も赤くない、鼻も出てない、咳もない)
下痢と嘔吐があった

ということで、ノロウィルスのようなウィルス系の何かに感染したと思われる、
という診断でございました。



おおおおお、これが巷でよく耳にする
ノロウィルス様ですか~~~~!って感じだったけど
はっきり調べた訳じゃないからね、断言しませんし

のようなもの、だからね(笑)


これがノロ様だとしても、軽い方だと思いますょ。
吐いたのは結局2回だけだし。(量は結構あったけど)



病院で元気になったかのようなプリンちゃんでしたが
帰りの車の中では、うとうと眠ったりして
やはり普段とは全く違う感じですね。

体が疲れ切っているような感じなんでしょうね。


食事量も普段の半分いくか、いかないかぐらいですね。
ただ熱もないし、嘔吐、下痢もないので
このまま回復に向かうと母は信じておりますが。


実は、私も先週吐いてるんだょね~(--;
熱は37.5分くらいだったけど、
とにかくだるくてだるくて、一日中寝れる、ってくらい寝てた。
吐くなんて珍しいなー、って自分でも思ったんだった。


とにかく、今後も気をつけていくしかないなー。


冬も後半戦だし、元気に冬を乗り切りましょうね~。
皆さまも、お大事にぃー。

スポンサーサイト

やっちまったょ(f^^;

ほぅ~、金残す人は、こうゆう風に物を扱うのかぁ・・・!

と感心することの多い、義理ママ。


その義理ママ、ホテルに滞在することも多く
アメニティってゆーんでしたっけ、あの小さいシャンプーとか
小さいコンディショナーとか、ホテルについてるもの。

あーゆーのを、ジップロックの袋に一つためていて?
以前ソーダ君パパの家に滞在した時に、

「チョコ、欲しいのあったら持ってく?」というので


普段なら、んなの、いらないょ、って感じなんですが、

何せ、金残すモデル=義理ママ、なので(笑)

そうゆう人の生活を真似てみるか?と思って
でも、必要以上はいらないから吟味して(笑)
とりあえず、いくつかのコンディショナーと
一番使えそうなボディクリームをもらってきていました。


折角もらったので、頑張って使ってみると
けっこー、使いでがあるというか(笑)

洗面所に置いておいて、寝る前に手につけるのが日課になりました。



そんなことはいいんですけどね、先週まで続いていた
シアトルの寒波ですよっ!

最高気温が3℃とかの世界でしたの。
えー、えー、雪も降らず無駄に寒いだけでしたけど。

その時にね、手の乾燥がひどくて、
クリーム塗っても縫っても乾燥してる感じで


あー、やっぱりもらいものの安いクリームだと
効かないんだゎ~~~、って思ったのでした。



そのクリームも、またなくなってきたので
新しい、もらいものボディクリームを出した訳ですょ。


その時、同じパッケージだから別に何とも思わなかったけど
フト良く見てみたら、な、な、なんと


コンディショナー



と書いてるじゃあーーりませんかっ!




えええええっ!?コ、、、、




コンディショナァ!?





どーりでやたら乾燥したはずだょ(自爆)



いゃ、確かに最初のうちは、ちゃんとボディクリームだった(笑)


同じパッケージなので、全部ボディクリームとばかり思ってましたが
実は、コンディショナーを一生懸命手にぬってたんですねー、アタシ

生まれた時から女の子

健康ってありがたいですね。
普通のことを普通に出来るって、幸せ


私は、夜中の嘔吐、微熱にだるさで終わりましたが
プリンちゃんは、3日ほど38度の熱が出てました。
今回は、いつも熱があっても元気な子が
くたっとなって、頭が痛いと半べそ状態で。

他のママ友さんも言ってるんですが、今年は何故か
風邪の当たり年とでもいうか。
熱が出たり、調子が悪くなることが例年より多いですね。


今日の日曜日も、一つやっては休み、一つやっては、、、という感じで
ゆっくり家事をしてました。
時間に追われないし、夕飯を新しいレシピにトライしたら
ありえないくらい不味い仕上がりになりましたょ(--;

いゃ、ホント、ありえないから。

「言っとくけど、超ぅ不味いから」と言って出したけど
ソーダ君も不味いと知りながらも食べてくれて
ちょっと感動した。


いゃ、それくらい不味かった、冗談じゃなくて。



あ、今日のお題は、不味い夕飯じゃなくて(笑)

4才半の娘、プリンちゃんのことですが。


この子を見ていると、

「この子って、生まれた時から女の子なんだなぁぁ!!」

と感動しますね。


1才になる前から、毎日ネックレスは欠かさずしてたし(本人の意思で)
ぶりぶりの女の子チックなお洋服大好きだし。
そうゆうのはわかりやすいですが、


「プリンもママみたいな大きなおっぱ○がいい」とか言うんですょ。

あ、別にアタシが巨乳とかじゃなくてー(自爆)


自分が4才の頃と比べても、そんなもん(大人の胸とか)
欲しいとか思ったことなかったよなー、って。


「赤ちゃん、かわいい。プリンも赤ちゃん、欲しい」とかね。

どこまで本気で言ってるのか謎ですけど(笑)



最近のプリンちゃんのブームは、バスルームにこもって
お化粧をすること。

以前、そうですねー、3才とかかなぁ・・・?くらいから
チークはたまにしてたんですけど(自分で)
ここ2週間くらい、チークにアイシャドウが加わって
でも、まだ瞼の上にのせれずに、
何故か眉の上にアイシャドウがのってたりするんですが
本人はご満悦なので、そのまま(笑)

幼稚園に行く前にも、お化粧してますから。


大きくなったら自分で車を運転するんだ、とか
大きくなったら自分のお化粧道具を買う、だの
色々言ってます。


赤ん坊の頃、言葉を発するようになってきてから
小さい人間なんだなー、って思えるようになったけど
最近は、その小さな人間を通り越して
ちょこっとしたお手伝いも出来るようになってるし
頼めばやってくれるし(物を取ったり、電気を消したり)
いっちょまえの人間になりつつありますねー。


背も何だか最近、急に伸びた感じもして
嬉しいような、一抹さみしさが残るような。。


ませたガキには、なって欲しくないですけどねー。
オシャレばかりに興味持たずに、お勉強しっかりして欲しいです。

切なる親の願い(^^;

親子でまったり、おこもり中ぅ

アルジェリア関連の記事を読み漁っております。
日の丸の飛行機が羽田に到着したそうですね。
それを綴った記事を読み、号泣でした。

元気な姿で生きて、この地に降り立ちたかっただろうし
迎え入れる家族の方々も、同じ思いでしょうにね。


助かった方々には、これからも強く生きていって欲しいです。
私が望まなくてもそうされると思いますが。
本当に生き延びてくれて、とても嬉しいです。


この事件関連の記事を読むと、
事件5日前に起こったフランス軍によるマリ空爆が事件の引き金だの
戦う軍隊のいない日本という国だから、報復がないために狙われる、だの
情報提供が少ない、という言葉のまま、相手国の言いなりになっている、だの
日本はアメリカの手下と思われている、だの

色々出てきますね。

だからと言って、一生懸命生きている人を
意味もなく殺してもいいとは限らない。





ところで。


我が家で、再び風邪が戻って来ております(--;

今回は、強健を誇っていた我が家のプリンちゃんも
ノックアウトされまして・・


本日は、親子でぐったりしております。


元気なのは、かろうじてソーダ君のみ。

ソーダ君に風邪が回らないようにしないと~。

アルジェリアの星空

この事件が発生してからの、この数日。
何とも奇妙な心地で過ごしている。

ネットニュースに釘付けで読んでいる。


検索しなくては何処にあるのかさえ知らなかった国
アルジェリア。


ここで何が起こったかは、皆さんも知っての通り。



何だか、この標的にされたのが他の外国人ではなく
日本人だった、ということが一番心にひかっかる。
御幣があてはいけないけれど、これは記事の
『最初に狙われたのは、日本人居住地』
という記事を読んでから。


それ以前から、こんなに複数の日本人が海外で事件に巻き込まれ
一気に亡くなる、ということが、自分のことのように、こたえる。



銃。


これに全く面識がない日本人。
映画やテレビの中でしか存在しないものに
そんなのを突きつけられ、
最期まで恐怖を感じながら逝ったのかと思うと
もう何と言ってよいかわからない感情が渦巻く。


亡くなった方達は、経験、知識、技術力に加え
海外でたくましく暮らせる柔軟性も多いにあった
いわゆる優秀な人材そろいではなかったんだろうか?

そんな方達が、そしてその家族の方々の人生が
これで一気に方向転換させられた。

この屈辱感を、悲しみを、どこにもっていけばいいのか。



そこに使命感があったから、過酷と言われる砂漠の中でも
仕事してきたんだろうに。


ソーダ君とは、この事件のことではかなり温度差があって
話してるとケンカになる。ったく、もぅ。(--;



なかなか現地の声が聞けない。
もどかしいけど、それもしょうがないのか。


この記事で、砂漠で生きる、ということが
少し垣間見れたような気がした。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130123/crm13012300490002-n1.htm


犠牲になった方達の冥福をお祈りします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。