今日もいいことありそう♪♪♪

電撃結婚した私の、異国(ココ)の地に根を張るぞ!第2章。
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOP ≫ CATEGORY ≫ movie大スキ☆
CATEGORY ≫ movie大スキ☆
       次ページ ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

この夏(日本で)観た映画4本!

日本滞在中、いつもより多く映画を観に行きました!

2本はプリンちゃん関係。
残る2本は、映画友といつもやっていたように
レイトショーを観に行きました。

まずは、プリンちゃんと、じーじとばーばで観た

    
暑い暑い外から、涼しい映画館の中へ。
じーじ&ばーばは、もれなく
最初から最後まで、お昼寝されてましたが(笑)


    ポスター画像

そして、プリンちゃんのお友達も連れて
一緒に観たのが、こちら。

子供には、ちと難しいのでは?と思ったけど
プリンちゃんのお友達は泣いた、とか言ってたけど。
プリンちゃんの反応は、友達と一緒、というのしか
恐らく記憶に残っていない模様(笑)

そして、映画友と観た映画がこちら。

     

トゥモローランド。
アメリカを出る前、プリンちゃんの友達が
やっぱりこの映画を観に行くとか言っていて覚えてたけど。
子供には難しくないか??

これか、


と迷ったんですが
これは、行きの飛行機で観ちゃったのょね~。

なので、トゥモローランドに。

最後は、こちら。

      
何か、アクション続き(笑)
連れが野郎なのも一因だったかもですが。

シュワちゃんさー、結局映画の世界に戻って来たのよね。
だったら、議員なんてやる意味あったんだろうか?
まぁ、いいけど(笑)

ホントは、ジュラシック・ワールドに
トム・クルーズの、これが大本命だったゎ。



トムクルーズ、ちょうど来日もしてたしね~!
こちらは、アメリカ戻った後のお楽しみということで。
日本の映画友と行く、というところがミソだったけど
しょうがないね。

また次回。

この夏2015、映画4本in日本でした♪
スポンサーサイト

『パパ、遺伝子組み換えってなぁに?』~4月25日から公開!

        SHISHA_URA_OL
邦題『パパ、遺伝子組み換えってなぁに?』を見ました。

いやぁ・・・ 驚愕です

何だか、ずんずん心に来てしまって、完全に理解したくて
英語だけど字幕をつけて、結局3回もみました。(DVD)
でも、完全には理解しきれてないところがワタクシなんですが。f^^;

英語版はコチラです。

プリンちゃんが、えっらい興味を示しまして。
流して見ようと思っていたんですが
プリンちゃんが、やたら「GMO!GMO!」とうるさい。
そして、プリンちゃんも一緒に見てるから
ストーリーを把握したくて私に色々聞いてくるんですが
ちょっと待ってろ、今、ママも把握中ぅ!(笑)と
ママ、ホント、頑張った!(爆)

この映画ね~、良かった。
見て良かった、真実を知れて良かった。
やっぱ知らない、というのは、罪ですね。

正直、アメリカというより、アメリカの一部の企業の


金さえ儲かればいい

的な腹黒さを目の当たりにして
声が出ません、ホント。

ソーダ君パパも一緒に見たんですが、
オーガニックを鼻で笑っていた彼なのに
この映画を見終わった後、
これからはGMO(遺伝子組み換え)に気をつける、
とつぶやいていたのが、とっても意外でした。

私も、遺伝子組み換えなんて~って感じで思っていたけど
やっぱ健康に影響が出ない訳がないんですね。
あのオーガニックスーパーの大手であるWholeFoods(ホールフーズ)
でさえ、100%にはいかないようですし。

日本では、4月25日から上映が始まるようなので
対岸の火事とは思わず、日本にもアメリカから
小麦粉や牛肉、ケチャップ、お菓子その他絶対
色々入っていってますから、興味のある方、必見です。
自分が思っている以上に、すでにGMO(遺伝子組み換え)に
汚染されていて驚愕ですょ。


映画のサイト→こちらです。

私、ブラジルに行きたい!

2015年、一発目の映画 

すでに何度か見ているけれど
再び、これを見ました!

    
       映画、『リオ』です。


これ、パッと見、げ。鳥の映画かょ、つまんね~!
って感じでしたが、音楽が最高なのょね~。

タイトル通り、ブラジルのリオデジャネイロが舞台で
ダンス好きにはたまらない、ノリノリな音楽が続いて
時には、リサ小野だったり(ボサノバということですょ~。笑)

映像もとっても綺麗で、思わず
そのリオデジャネイロの世界に引きこまれるというか


ブラジル、行きたい!


って気分になります。

決して、「ブラジルの犯罪率の高さ、知ってる?」
なんて、うんちくを言う旦那には
言えませんけど!(爆)

しょっぱなから踊っちゃう感じで。
新年にピッタリな選択でした(笑)

★クリスマスの鉄板!映画★

何か、本当にしら~っと日にちが過ぎ
マジでクリスマスが、他人事のように
過ぎ去ろうとしている昨今。

その理由は、10日ほど前からひいている
インフル級の風邪のせいでございまして
丸4日熱で寝込んだ後も治りがおっ遅ぃの何の、って。

クリスマスまでには完了しているはずの
クリスマス・カード書きも、終了どころか
まだ始まってもいない、という・・(--;

そんな中、やっぱりクリスマス前には絶対見ないといけない
私にとって、鉄板中の鉄板であるクリスマスの映画を
先日無理やり見ました。

おなじみの方には馴染みすぎて、


またかょ


と言われそうですが(笑)

ホントにいいんだって(笑)
クリスマスの映画の最高峰ょ。

    

物語は、クリスマス・イブの夜から始まるのょね~。
ホント、クリスマス、奇跡、そんなことを信じたくなるような
心温まる映画です。

もし、まだご覧になったことなかったら
是非、見てみてね。
ちなみに英語原題は、『The Family Man』です♪

『天国は本当にある』

先週末、ソーダ君パパのお家に出かけてました。
別にそうと決めている訳ではないけど
泊まりに行った晩は、ムービーナイトになって
色々な映画(主にアクション。笑)を皆で一緒に見るんですが
前回、『Heaven is for real (天国は本当にある)』
という映画を見ました。

何でも、ソーダ君パパのお勧めで
彼はすでに本も読んでいて、
4月か何かに公開したばかりの映画なのに
すでにDVDにもなったんですねぇ。

これは、事実に基づいた映画で
4才の男の子の臨死体験のお話しです。

この4才の男の子が、手術中に天国に行って来た、と
牧師の父親に話していくんですが
その時、この父親のおじいちゃんと会った、とか
自分にはもう一人お姉ちゃんがいた、
その子と天国で会って来た、とか。
(この男の子の母親は、一度流産していた)

面白かったのが、神様の顔です。
キリスト教一家で育っているためか
この男の子が見た神様は、キリスト教の神様でしたが
彼の顔は、私てきには60年代のロックスターな感じで。

もう一つ面白かったのは、
この男の子の母親が、学生時代にリサーチしていたことで
子供にとっての神様の姿かたちは、自分の両親の投影でもある、と。
それを聞いた時、思わず
プリンちゃんにとっての神様って、目が青いのか?とか(笑)

臨死体験については、もう、それはその通りだろうと思うので
特に、信じるとか、信じないとかの問題ではなくて
この男の子が見た世界はこうだった、と言った感じでした
私にとっては。

でね、一番きたのはここでした。
この男の子の母親が流産したけど、
その流産した子供には名前をつけていなかった。
天国で、男の子がこの流産して天国にいったお姉ちゃん
(それなりに年月と共に成長していた)
に会った時、自分には名前がない、と言ったんですって。
でも、神様がアダプトしてくれた、とも。

この映画を見た後、ソーダ君と話して
うちらも、神様にアダプトされている第二子の男の子に名前をつけました。
ちゃんとスペルも確認して(笑)
さすがにミドルネームまではつけてないけど
これで、うちらの子供も
これからは、ちゃんと名前で呼んでもらえそうです。

映画について書かれている他のサイトがあったので
無断で借りてますが、置いておきます。
ここ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。