今日もいいことありそう♪♪♪

電撃結婚した私の、異国(ココ)の地に根を張るぞ!第2章。
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 日々綴リ
CATEGORY ≫ 日々綴リ
       次ページ ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

スタンレー君、無事帰還☆

だいぶご無沙汰しております。
スタンレー君、日本での観光を終え
無事にアメリカサイドに戻って参りました!
ご報告が遅れました💦

プリンちゃんの学校へも、きちんと観光の内容を報告し
無事にミッション、コンプリート!!!

日本でお世話になった皆さま、ありがとうございましたっ!
スポンサーサイト

思う以上に依存していたモノ

ある晩のこと。
そろそろ寝るか、とトイレに入り
フト鏡を見てみたら、ひょい!と一本
短い白髪ちゃんが顔をのぞかせているではないか!
あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!!!!と
いつものルーティンで毛抜きで抜こうとすると
いつもの場所に毛抜きがない!

ない、ない、ないっ!!!

毛抜きの場所は、すぐにわかるように化粧道具の箱の隅に
立てかけるように置いてあるんだけど
そこにない。
化粧道具箱の中にもない。
けど、探す。
探す、探す、探す!

ここか?あそこか?
夜の夜中に毛抜きを必死で探す自分・・・(--;

こんなにも毛抜きに固執する自分(汗)
毛抜きというより、出てる白髪が気になる自分(滝汗)

結局、ソーダ君が使ったまま、別の場所に置いてあるのを発見。
眠かった目が、ギンギラに冴えわたった夜中であった。

まさか自分が、こんなに毛抜き命!になってるとはね。(^^; 

義理姉のアメリカ訪問

ソーダ君のお兄ちゃんファミリーが
ニュージーランドに引っ越してから
1年と4ヶ月が過ぎました。

そんな中、今回義理姉のみがお友達の結婚式参加の為に
16日間、シアトルに戻って参りました!

家族中が狂喜乱舞でした!

義理姉は、友人が非常に多く、ファミリーと過ごせるのも1日のみ。
一日に何組もの友人らと再会し、非常に充実した里帰りとなった模様です。
レンタカーしてましたので、その走行距離ったら。
日本の本州縦断を3回くらいやったんじゃないでしょうか?

さて、いよいよ義理姉との再会の日が近づいてきました。
義理姉たっての希望で、ソーダ君パパのお家での再会となりました。
スポケーンから末の義理妹も子連れでやって来たり
皆が、義理姉に会う為にソーダ君パパの家へ集合。

再開のその時、たまたま私は外におりまして
義理姉の運転する、赤いピカピカのレンタカーが家の前にとまり
義理姉が手を振っているのが見え、私も手を振りながら
車に近づいたのですが、
義理姉は、他のファミリーより一足先にニュージーランド入りしてたので
1年5ヶ月ぶりに見る彼女。

車に歩み寄りながら自然に泣けてきまして
義理姉が車をとめ、外に出ながら私の涙を見たせいか
義理姉まで泣き出して
道路(と言っても、田舎の道路ですがね)の真ん中で
2人で抱き合って、おいおい泣けた再会でした。

恐らく。
この再会は、義理姉と私のみが通じ合った抱擁だったのでは?
国を離れた者に通じる何か、ね。

何気に皆、義理姉のそばを離れず
夜も、皆でリビングに並んで座り映画鑑賞(笑)
翌朝も、義理姉自らピザ生地を手作りし
ランチ用にピザを大量に皆の分焼いて、
そのまま次の予定に向かって去って行きました。

そんな義理姉が、16日間の滞在を終え
37時間のフライト&待ち時間を経て
無事にクライストチャーチ(NZ)に着いたと
先ほどラインが入りました。 

またいつもと同じ距離感での[ライン]トークの始まりです。
でも、再会して、エネルギーが混ざったりした分
以前とは、また全然違う距離感にもなってる気がします。

風薫る5月に。

ご無沙汰しております。
何かかやと忙しくしておりました。
専業主婦で子供も一人なのに
暇だぁ・・と思う暇がないというのは嬉しい悲鳴です(笑)

さて、ここ北の大地も風薫る5月に入りました!
先週は、最高気温が13℃くらいの日が何日かあったりしましたが
5月に入ったことですし、そろそろ暖かく、いや
一気に暑く、、、、は、ならないだろう、この土地では(苦笑)

ぼちぼち更新始めていきたいと思います~。

シアトルにも響いた『花は咲く』

3月13日、春の嵐が吹き荒れ
あちこちで木は倒れ、道がふさがれたところが出たり
ほうぼうで停電が発生する中
シアトルでも(正確にはシアトルの郊外ですが)
3.11の東日本大震災の為のコンサートが開かれました。

そのコンサートへ私も出かけましたが
何と、コンサートが始まる前に停電発生!
ところが、誰一人帰る人もなく、パニックにもならず
皆がコンサート会場へ集まり
恐らく限られた自家発電を使って
限られた音響を使ってのコンサートとなりました。
ちなみに、トイレは真っ暗でした!(当たり前だけど。苦笑)

     

私達も、プリンちゃん、ソーダ君は勿論
義理パパ、義理ママも呼んでのぞみました。
お国の一大事イベントですしね。

正直、こうやって集ったり、勿論募金をしたりもしますが
具体的にこうゆう行為が、東北の人達の『今』に
どうつながるのかわからないですが。

これだけではないけど、こうゆうシチュエーションの時に思うのは
やはり、自分は自分の人生をちゃんと生きないと!
ということですね。

ボランティアの方々、魂にふれる歌声を聴かせていただいた方々
停電の中、本当にお疲れ様でした。
このイベントが、何か意義のあることに
つながっている、つながっていくことを願いつつ。 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。